年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » 未分類 » 使い捨てカイロの捨て方・再利用

使い捨てカイロの捨て方・再利用


使い捨てカイロ

冬に重宝する使い捨てカイロですが、使用済みカイロの捨て方に困った方もいるのではないでしょうか?

使い捨てカイロを普通に「可燃ゴミ」として捨てている人も多いはず。

しかし、それは間違っているかもしれません。

正しい「使い捨てカイロの捨て方」と「再利用の方法」について説明するので、ぜひ、参考にしてください。



使い捨てカイロの材料と暖かくなる仕組み

使い捨てカイロの材料は、主に、「鉄粉、水、活性炭、塩類、バーミキュライト、木粉、不織布、空気を通さない外装」です。

使い捨てカイロを振るとサラサラしていますが、実は水分が含まれています。

ヒル石から作ったバーミキュライトが保水剤として水分を蓄えており、外装を破って空気と触れることで、食塩水が鉄粉と酸素の化学反応を促して発熱するのです。

仕組みとしては、鉄が酸化鉄になる際の化学反応の熱を利用しています。

この使い捨てカイロですが、実は、日本メーカーが開発した商品です。

使い捨てカイロの捨て方

使い捨てカイロの材料に鉄粉が含まれていることから、「可燃ごみ」か「不燃ごみ」か迷うと思います。

結論を言うと、「使い捨てカイロの捨て方は、各市区町村によって異なる」のです。

したがって、調べずに使い捨てカイロを可燃ごみとして捨てている方は、違反している可能性があります。

改めて、各地方自治体で配られている「ゴミの分別の小冊子」やネットで「お住まいの地域 使い捨てカイロ」と検索し、正しい使い捨てカイロの捨て方をお調べください。



使い捨てカイロの再利用

使い捨てカイロの持続時間は、メーカーにもよりますが、12時間前後です。

半日経ったら、その名の通り、ゴミとして捨てる存在となります。

しかし、使用済みカイロは、次のように再利用可能です。

消臭剤として再利用する
使い捨てカイロには活性炭が含まれているため、消臭剤として再利用できます。靴やブーツが臭くてお悩みの方は、袋のまま靴やブーツに入れると、消臭と除湿ができるのでお勧めです。その他、下駄箱やクローゼット、トイレなど、臭いが気になる場所にも使えます。
除湿剤として再利用する
使い捨てカイロに含まれている鉄粉、活性炭、バーミキュライトには、水分を吸収する性質があるので、除湿剤として再利用できます。袋のまま、下駄箱やクローゼット、押し入れなどに入れてご使用ください。冬に使い終えたカイロをそのまま下駄箱等に入れておけば、梅雨時や夏場でも確保に困りません。
ガーデニングに再利用する
使い捨てカイロに含まれているバーミキュライは、元々、土壌改良のために作られた人工の土です。したがって、土に撒くと、保水性・保肥性・断熱性などが得られ、植物が良く成長します。ただし、使い捨てカイロには塩分が含まれているため、そのまま使うことはできません。コーヒーフィルターやキッチンペーパーを使ってろ過してから、塩分が抜けた使い捨てカイロの中身を土に撒きましょう。

捨てる前に、ぜひ、上記で説明した使い捨てカイロの再利用をお試しください。





関連記事

徳島商工会議所青年部が、徳島県に邪馬台国があったとして、2019年9月22日・...


記憶するには、睡眠が必要です。短時間の昼寝をするだけで、記憶力がアップします。...


クールビズに続き、日本政府が推奨しているのが、スニーカー通勤『FUN+WALK...


切手を舐めて貼っている人は多いですが、「どんな成分で、本当に安全か?」、確認し...


夏になると現れる蚊ですが、ただ血を吸い、痒みを与えるだけではなく、病気を媒介す...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です