年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» » ゲーム・テレビが原因で虫歯になりやすくなる?

ゲーム・テレビが原因で虫歯になりやすくなる?


ゲームを楽しむ子供

みんな、ゲームが楽しからゲームをし、テレビが面白いからテレビを観ています。

長時間、画面を見続ければ、「目に悪い」、「睡眠不足」といった健康面での問題は生じますが、ほとんどの人がそれほど気にせず利用し続けているのが現実です。

しかし、このほど、「テレビやゲームなどのメディアを長時間する子供は虫歯になりやすい」ということが発表されました。

まさに、寝耳に水です。

一体、「ゲーム・テレビ」と「虫歯」にどのような関係があるのでしょうか?



「ゲーム・テレビ」と「虫歯」の関係を調査した結果

2016年1月、富山大地域連携推進機構地域医療保健支援部門と富山県教育委員会が、富山県高岡市内の小学生2,109人を対象にアンケートを実施した結果、次の結果が出ました。

1日のメディア利用時間 虫歯がある割合
2時間未満 8.6%
2~4時間 9.8%
4時間以上 15.4%

ゲームやテレビを利用する時間が長ければ長いほど、虫歯である子供の割合も多くなるのです。

この調査は、小学生を対象に行われましたが、当然、大人にも当てはまるので、注意しなければなりません。



長時間、ゲーム・テレビを利用すると虫歯になる理由

普通に考えれば、「ゲーム・テレビ」と「虫歯」に関係は見えません。

強いて言うなら、ゲーム・テレビに夢中で、歯磨きをしなかったり、いい加減な歯磨きとなり、虫歯になるということが考えられるだけです。

しかし、上記の理由ではありません。

富山大の関根道和教授は、次の理由により、虫歯になりやすいとの見解を示しています。

  • 興奮・睡眠不足・空腹ストレスにより唾液の分泌量が減り、口内でミュータンス菌が繁殖しやすくなる
  • 緊張で唾液がネバネバになる

したがって、長時間にわたりゲームやテレビ、スマホを利用する場合は、老若男女を問わず、唾液の量に気を付けましょう。

口の中が乾いていると感じたら、口を動かしたり、レモンなどを想像したりして、唾液の分泌を促してください。

それが虫歯予防につながります。


関連記事

夏になると現れる蚊ですが、ただ血を吸い、痒みを与えるだけではなく、病気を媒介す...


2018年3月9日、厚生労働省が、2016年度の健康寿命を発表しました。その結...


ビルやホテル、飲食店などのトイレに設置されているハンドドライヤーは、便利である...


クールビズに続き、日本政府が推奨しているのが、スニーカー通勤『FUN+WALK...


2017年7月27日、厚生労働省が、2016年の平均寿命ランキングを発表しまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください