年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» » 『やよいの青色申告』で売掛金を入力する方法

『やよいの青色申告』で売掛金を入力する方法


『やよいの青色申告』で売掛金を入力する方法を説明します。

売掛金とは「売り上げ」のことで、商売人なら商品を売って得た売り上げ、アフィリエイターなら商品やサービスを紹介して得た報酬のことです。

逆に、買掛金とは、仕入れのことを意味します。

なお、売掛金は、「売り上げがあった時」と「実際に入金があった時」の2回、記帳しなければならないので気を付けてください。

(1)売掛帳

売掛帳

「ナビゲーション画面」の「取引」にある「売掛帳」をクリックしてください。

「ナビゲーション画面」が表示されていない時は、ウィンドウ右上にある小さな「ナビゲーションボタン」をクリックすると「ナビゲーション画面」になります。

(2)補助科目の選択

売掛帳の補助科目

開いた「売掛帳」の左上に「補助科目(J)」があるので、その中から売り上げがあった取引先を選択します。

登録されていない場合は、「得意先銀行等の設定」の「(5)得意先(売掛金)情報の設定」を参考にして、登録してください。

(3)売り上げがあった時の入力方法

売上高の入力

例えば、アフィリエイターがA8.netを利用し、1月に10万円の報酬が発生したとします。

(1)日付
「日付」で、「売り上げがあった日」を選択します。アフィリエイトの場合、月末で良いでしょう。
(2)相手勘定科目
「相手勘定科目」で、「売上高」を選択します。
(3)売上金額
「売上金額」に、「まだ入ってきていないけど入る予定の金額」を入力します(例:10万円)。ただし、アフィリエイトはキャンセルで報酬が減ることがあるので、実際に入金された時点で修正しなければなりません。

「残高」は、自動で入力されるので気にする必要はありません。

(4)実際に入金があった時の入力方法

入金と支払手数料の入力

3月15日に、A8.netから、振込手数料756円(三井住友銀行以外の金融機関)を引いた9万9460円の報酬が、楽天銀行の口座に振り込まれたとします。

(1)日付
「日付」で、「振り込みがあった日」を選択します。
(2)相手勘定科目・相手補助科目
「相手勘定科目」で「普通預金」を選択し、「相手補助科目」で「振込があった金融機関」を選択します。金融機関が表示されない場合は、「ナビゲーション画面」 » 「導入」 » 「得意先銀行等の設定」の順に進み、「預貯金情報の設定」で銀行を登録してください。
(3)回収金額
「回収金額」に、振り込まれた金額を入力します。振込手数料が差し引かれている場合は、その差し引かれた後の金額です。
(4)日付
「日付」で、「振り込みがあった日」を選択します。
(5)相手勘定科目
「相手勘定科目」で、「支払手数料」を選択します。
(6)回収金額
「回収金額」に、「振込手数料」を入力します。「振込手数料」は経費となるため、このように別々に記帳するのです。

(5)預金出納帳をチェック

預金出納帳

「ナビゲーション画面」の「取引」にある「預金出納帳」をクリックします。

「預金出納帳」が開いたら、一番下に表示されている「残高」が預貯金の残高と一致しているか確認しましょう。

毎回チェックする必要はありませんが、一致していないと間違いを探すのが大変なので、こまめにチェックすることをお勧めします。

その際、事業専用の銀行口座を使用するのは当然として、ネットバンクを利用するとチェックしやすいです。

【NEXT】 『やよいの青色申告』の仕訳日記帳に経費を入力する





関連記事

副業で稼いだ際は、確定申告と納税が必要です。ただし、会社員などで年末調整を受け...


確定申告の方法や必要書類について紹介します。青色申告なら、65万円の青色申告特...


『やよいの青色申告』で、確定申告書を作成する手順を説明します。印刷、国税電子申...


『やよいの青色申告』の仕訳日記帳に、経費を入力する方法を説明します。事業や副業...


初めて『やよいの青色申告』を使う際の使い方・入力方法について説明いたします。ま...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です