年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB

HPB (最新記事)

ATM出金

失業保険(基本手当)は、4週間に1回、住所地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)へ出向き、「失業の認定」を […]...


残業

失業保険(基本手当)は、離職前の6ヶ月間に残業が多いと支給額が増えます。また、「残業が月45時間以上3連続」など、過度な残業で離職した場合には、会社都合退職となり、給付制限を受けません。...


介護

介護離職した場合は、通常より良い条件で失業保険をもらえます。ただし、求職活動できない場合は失業保険をもらえないので、受給期間を延長しなければなりません。...


拒否

失業保険(基本手当)の受給手続き後に受け取らない場合は、一定の条件を満たせば、再就職手当等を受給できます。初めから手続きしなかった場合は、次の就職に関する失業時に被保険者期間を通算できる可能性がありま...


マイナンバーカード

2016年1月以降から、失業保険の受給手続きにマイナンバーの記載が必要となりました。これには、「失業保険の不正受給防止」と「行政手続きの簡素化」の目的があります。...


婚姻届

失業保険は、結婚しても、働く意思と能力があれば受給できます。さらに、結婚に伴い引っ越しが必要な場合は、受給条件が良くなります。...


STOP

「ハローワークに紹介された職業を拒否した場合」や「職業訓練等の拒否」、そして、「自己都合退職した場合」などは、一定期間、失業保険が不支給となります。...


会社員

失業保険は、勤続年数が長いと支給日数が増える可能性があります。期間で区切られているため、自らの意思で退職するときは、これを意識した方が良いでしょう。...


リストラ

「不況によって会社の経営が厳しくなり、労働者の数を削減しなければならずに解雇された」など、会社都合で退職した場合は、給付制限を受けずに失業保険をすぐに受け取れ、しかも所定給付日数が多くなります。...


会社

労働者を一人でも雇用している会社は、原則として、雇用保険の強制適用事業所となります。 そして、雇用保険の加入条 […]...