年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » ニュース » アベノマスク製造元は?受注企業と生産国発表

アベノマスク製造元は?受注企業と生産国発表


マスク

2020年4月1日、安倍首相が、「新型コロナウイルス感染症対策として、再利用可能な布マスク2枚を各世帯に配布する」と発表しました。

発表と同時に酷評されましたが、その後も大きなトラブルを抱えています。



アベノマスクが酷評・非難された理由

日本中の人々が苦しむ中、安倍首相が満を持して発表した対策が、1世帯に布マスク2枚の配布です。

他国が経済刺激策として国民に現金給付をしている状況を知っているので、日本も現金給付をすると期待していた人は多いことでしょう。

しかし、当時の安倍首相は、全国民に現金給付する気は全くなく、マスク2枚で済まそうとしました。

当然、多くの日本国民の怒りを買い、「マスクよりも現金給付!」「1世帯2枚じゃ足りない!」と酷評・非難されたのです。

しかも、海外でも冷笑され、「アベノマスク」と揶揄されました。

その後、安倍首相は、迷走しながらも全国民への10万円給付を決定し、「もっと早く決断しておけば良かった」と後悔の言葉を口にしています。



アベノマスクの問題点

「新型コロナウイルスの感染防止」と「マスク不足解消」のために配布されることが決定したアベノマスクですが、最初から大きな問題を抱えていました。

さらに、配布後も大きな問題となっています。

アベノマスクの特徴

  • 家族で暮らしている場合、1世帯2枚では足りない
  • 使い捨ての不織布マスクに比べ、布マスクは防御力が弱い
  • 洗ってキレイな布マスクを使わないと逆に病気になる
  • 小さすぎて口と鼻を覆うことが難しく、給食マスクみたい
  • 左右のゴムひもの長さが違う
  • 髪の毛や虫が混入している
  • アベノマスクに466億円費やした

こう見ると、凄い不良品マスクですね。

もちろん、マスク入手が困難な状況の中で、アベノマスクの配布を喜んでいる人もいます。

アベノマスクの受注企業と生産国

気になるのは、「アベノマスクを誰が作ったか?」ということです。

野党の追及により、厚労省マスク班が書面で回答しました。

受注企業4社と契約額は、次のとおりです。

  • 【興和株式会社】 約54・8億円
  • 【伊藤忠商事株式会社】 約28・5億円
  • 【マツオカコーポレーション】 約7・6億円
  • 非公表の企業1社

生産国は、中国、ミャンマー、ベトナムとのこと。

いい加減な作りだったので日本製ではないとは思っていましたが、やはり外国製でした。





関連記事

安倍政権が新型コロナウイルスの蔓延を防ぐために配布を決めた布マスク、通称「アベ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です