年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » その他の法律 » 自転車保険義務化の都道府県・罰則は?楽天プランの入り方

自転車保険義務化の都道府県・罰則は?楽天プランの入り方


自転車

自転車保険への加入を義務付ける都道府県・地方自治体が増えています。

その地域、罰則、自転車保険への入り方を説明するので、しっかり理解しておきましょう。



自転車保険加入義務化の経緯

自転車保険は、数十年前にはすでに存在していましたが、任意だったため、一部の人だけが入るマイナーな保険でした。

しかも、一度入っても、期限の1年が過ぎたら延長する人はほとんどいなかったのです。

しかし、自転車の危険運転や自転車事故の増加、それに伴う高額賠償が問題となり、自転車保険への加入を義務付ける都道府県・地方自治体が増えています。

気軽に乗れる自転車ですが、事故を起こして、裁判で数百万円、数千万円の損害賠償を命じられた判決もあり、油断はできません。

その際、自転車保険に加入していなければ、加害者は損害賠償を払えなくて困りますが、被害者は損害を受けたのに賠償も受けられずもっと困るのです。

したがって、自転車保険への加入義務は、被害者保護を重視していると言えるでしょう。

自転車保険加入義務の都道府県・地方自治体

自転車保険への加入義務は、各地方地方自治体が条例で定めています。

2019年4月時点において、自転車保険への加入を義務づけている都道府県・地方自治体は、次のとおりです。

加入義務
仙台市(宮城県)、埼玉県、相模原市(神奈川県)、名古屋市(愛知県)、金沢市(石川県)、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、鹿児島県
努力義務
北海道、千葉県、群馬県、東京都、鳥取県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

今後、ますます地域を拡大して行くことは間違いありません。

自転車保険加入義務に違反した場合の罰則・罰金は?

自転車保険の加入義務を課している都道府県・地方自治体で、自転車保険に加入せずに自転車に乗ると、条例違反となります。

しかし、2019年7月時点において、条例違反であるものの、罰則も罰金もありません。

だからと言って、条例違反して良い訳ではありませんし、今後、罰則・罰金になる可能性もあります。

ちなみに、自転車保険の加入が義務化されていない地域にお住まいの方が、加入義務地域に自転車で行った場合は、自転車保険に加入していなければ条例違反となるので気を付けてください。

楽天自転車保険の入り方

楽天の自転車保険なら、月々数百円で補償内容も充実しており、加入方法も簡単です。

楽天自転車保険への入り方

  1. 楽天会員になる ※無料で簡単に登録できます
  2. 被保険者本人の個人情報を入力する ※家族の情報は不要
  3. 保険料を納める

たったこれだけの手順で、自転車保険に加入できます。

プラン
「本人型」「夫婦型」「家族型」の3種類に、それぞれ「節約コース」「標準コース」「充実コース」の3つのプランが用意されており、さらに、18歳未満の子供を対象とした「子供コース」もあります。したがって、全10プランです。
補償内容
コースにより金額は異なりますが、加害事故の場合は被害者に最大1億円まで補償し、自身が交通事故により怪我した場合にも補償を受けられます。

標準コース紹介


本人型・標準コース・1年

夫婦型・標準コース・1年

家族型・標準コース・1年

子供コース・1年

この機会に、自転車保険に加入しましょう。





関連記事

2020年7月以降に、マイナンバーカードとスマホ決済などを連携させることにより...


自転車の傘差し運転は違法です。2015年6月1日に施行された『改正道路交通法』...


世界的に社会問題となっているマイクロプラスチックによる海洋汚染を防ぐため、20...


人が亡くなると、相続手続きが完了するまで金融機関の口座が凍結されます。しかし、...


ドローンは法律に則り正しく使用しないと、逮捕されて罰則を受けます。ドローンを飛...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です