年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» » 退職証明書の退職理由と発行期間は?もらえない時の対処法

退職証明書の退職理由と発行期間は?もらえない時の対処法


退職証明書

企業によっては、採用試験時に、退職証明書を請求する場合があります。

そのため、労働基準法でも次のように定め、前職の会社に退職証明書を交付することを義務付けています。

退職時等の証明(労働基準法22条)
労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金または退職の事由(解雇の場合はその理由を含む)について証明書を請求した場合においては、使用者は遅滞なくこれを交付しなければならない。



退職証明書の記載事項

退職証明書に必要な事項は、次の5つです。

  • 使用期間
  • 業務の種類
  • その事業における地位
  • 賃金
  • 退職の事由(解雇の場合はその理由を含む)

ただし、労働者が請求しない事項を記入してはならないことになっており、例えば、労働者が解雇の事実のみの証明を求めている時は、解雇の理由を記入してはいけません。

ブラックリストの禁止

使用者は、あらかじめ第三者と謀り、労働者の就業を妨げることを目的として、労働者の国籍、信条、社会的身分、そして労働組合運動に関する通信をし、または退職証明書に秘密の記号を記入してはいけません。

前職の会社の使用者は、労働者の転職を邪魔してはいけないのです。

ただし、問い合わせがあった時に回答することは、あらかじめ計画的に転職を邪魔しているわけではないので、この条文に抵触しません。

退職証明書の発行期間は2年間

労働基準法の時効は、退職手当が5年で、それ以外は2年となっています。

したがって、会社を辞めてから2年を経過すると、前職の会社に退職証明書の交付義務はなくなってしまうのです。

今必要でなくても、発行期間の2年以内に、退職証明書をあらかじめもらっておくことも一つの手でしょう。



退職証明書の利用目的

退職証明書の利用目的は、次の2つです。

  1. 国民年金、国民健康保険、失業保険(雇用保険の基本手当)の手続きに使用する
  2. 転職先の企業が、「退職しているかの確認」「履歴書や職務経歴書の記載が正しいか確認」「退職の理由を確認」に使用する

1についてですが、通常は離職票を使用しますが、発行するまでに少し時間がかかることがあるので、すぐに発行してもらえる退職証明書で、迅速に手続きすることができます。

そして、転職先の会社から退職証明書を求められたときは、2の目的で使用されています。

退職証明書を発行してもらえない時の対処法

退職証明書の発行は、労働基準法22条に定められているので、退職日から2年以内に労働者が請求した場合、会社は遅滞なく発行しなければなりません。

2年以後も請求はできますが、応じるか否かは会社次第となります。

問題は、2年以内にもかかわらず退職証明書を発行してもらえない場合です。

あまりないとは思いますが、この場合、会社に「2年以内であれば退職証明書の発行は義務である」「退職証明書の発行を拒否したり、わざと遅れさせると、30万円以下の罰金になる」ことを告げれば、すぐに発行してくれるでしょう。

それでも応じない場合は、会社の地域の労働基準監督署に相談してください。


関連記事

肉体的・精神的健康を維持するため、労働者には休日が必要です。したがって、使用者...


労働基準法では、業として他人の就業に介入して利益を得ることは禁止されています。...


会社に損害を与えた場合を予定して、あらかじめ違約金や損害賠償額を決めておくこと...


介護離職者ゼロを目指し、2017年(平成29年)1月から、介護者が会社に申請す...


介護離職者をゼロにする目的で、2017年1月から介護休業を取得しやすくなります...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください