年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» » 同一労働同一賃金への日本の取り組み

同一労働同一賃金への日本の取り組み


一万円札

2016年6月2日、安倍内閣によって、「同一労働同一賃金」が『ニッポン一億総活躍プラン』に盛り込まれて閣議決定されました。

同一労働同一賃金とは、正社員・派遣労働者・アルバイト・パートなどの雇用形態の違いにかかわらず、同じ仕事もしくは同等の仕事ならば同じ賃金にする、という考え方です。

そして、ニッポン一億総活躍プランとは、少子高齢化に歯止めをかけ、人口1億人を維持するための計画です。

この同一労働同一賃金は、ヨーロッパで普及した考え方ですが、今後は日本でも同一労働同一賃金の考え方が一般的になっていくでしょう。



同一労働同一賃金が日本に取り入れられた理由

従来の日本の賃金制度は「職能型」であり、能力によって賃金が決められることになっていますが、実際には「年功序列型」で年齢や勤続年数が高いほど賃金が高くなるようになっています。

今まではこれで問題なかったわけですが、非正規雇用が増加したことにより事情が変わりました。

今や、全労働者の4割が非正規雇用なのですが、賃金は正規雇用の6割弱という大きな問題があるのです。

そもそも、同じ仕事をしているのに正社員とそれ以外の労働者で賃金が異なること自体がおかしいですし、実際の職場では非正規労働者が使い捨てとして正社員よりも厳しい仕事を強いられていることも多々あります。

政府は、生活レベルの違いや老後の生活、子供の出産など様々な面に大きな影響を及ぼしかねないこの状況に対応するため、「同一労働同一賃金」を取り入れ、正社員とその他の労働者の賃金格差をなくそうとしているのです。



同一労働同一賃金へのいばらの道

政府が法律で同一労働同一賃金を定めたとしても、実際にはそう簡単ではありません。

なぜならば、全労働者の賃金を同じ水準にしようとして正社員の賃金を下げることは認められず、そうなると非正規雇用の賃金をアップするしか方法がないからです。

企業として使える人件費は限られているので、必然的に労働者数を削減しようという流れになってしまいます。

また、ヨーロッパでも非正規雇用の賃金は正規雇用の賃金の8割程度であり、日本政府が目指すのもこの程度です。

したがって、同一労働同一賃金と言っても、結局は賃金の差を完全には埋められないでしょう。


関連記事

海外の情報サイトで紹介された「今後10年以内になくなる可能性が高い職業」につい...


労働者に残業をさせたり、休日労働させる場合には、36協定(サブロク協定)を締結...


「産前産後休業」や「妊娠中の女性の軽易な業務への転換」「妊産婦の労働時間」「育...


平成27年度の最低賃金は過去最高上げ幅の18円でしたが、平成28年度はそれを上...


年少者には、勉強することと心身の健康が大切なので、労働基準法で働くことを禁止さ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください