健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 胃がん予防に果物!ビタミンCが豊富な柑橘類がおすすめ

胃がん予防に果物!ビタミンCが豊富な柑橘類がおすすめ


フルーツ

日本人の死因の第1位は、長い間、がん(悪性新生物)となっています。

医学が進歩し、発見・手術・治療・薬のレベルが上がっても、完治できる病気とはなっていません。

がんになる理由は、遺伝や生活習慣、食習慣、仕事、ストレスなど様々ですが、がんを予防することも必要となります。

そして、果物にはがんを予防する効果があることが分かっています。



果物が持つ胃がん予防の効果

2007年、世界がん研究基金と米国がん研究協会が調査し、「果物は、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、胃がん、肺がんのリスクを下げる効果が高い」ことを確認しました。

そして、日本人でも、食道がん予防には確実に効果があり、胃がん予防と肺がん予防にも効果がある可能性があるとされています。

果物には、がん予防の効果があるのです。

「なぜ、果物に胃がん予防の効果があるのか?」ですが、次の理由を見れば明らかでしょう。

  • 抗酸化作用のあるビタミンCが、がんの原因となる活性酸素などの物質を攻撃し、消去する
  • ビタミンCが免疫力を高める
  • ビタミンCがピロリ菌による胃炎を抑える

果物に含まれるビタミンCが、がん予防に効果を発揮するのです。



ビタミンCが豊富な果物

ビタミンCが多く含まれている果物は、次のとおりです。

果物名 含有量(mg/100g)
アセロラ 1700mg
グァバ 220mg
ゆず(果皮) 160mg
キウイフルーツ(黄肉種) 140mg
すだち(果皮) 110mg
レモン(全果) 100mg
70mg
キウイフルーツ(緑肉種) 69mg
あけび(果肉) 65mg
イチゴ 62mg

ビタミンCと言えば、レモンやみかんを思い浮かべますが、柑橘類には多くのビタミンCが含まれているのでおすすめです。

野菜では、赤・黄ピーマン、パセリ、ブロッコリー、緑ピーマン、にがうり、かぼちゃなどに、多くのビタミンCが含まれています。

果物と野菜からバランスよくビタミンCを摂取しましょう。



胃がん予防に1日何個のみかんを食べれば良いか?

厚生労働省によると、アメリカ国立衛生研究所が推奨する1日当たりのビタミンC必要摂取量は、次のとおりです。

年齢 ビタミンC摂取量
生後6ヶ月 40mg
幼児7~12カ月 50mg
小児1~3歳 15mg
小児4~8歳 25mg
小児9~13歳 45mg
14~18歳(男子) 75mg
14~18歳(女子) 65mg
成人(男性) 90mg
成人(女性) 75mg
10代の妊婦 80mg
妊婦 85mg
10代の授乳婦 115mg
授乳婦 120mg

喫煙者は、上記の摂取量に35mg加えてください。

成人男性の場合、1日のビタミンC必要摂取量は90mgなので、みかんなら3個、柿なら1個食べれば良いことになります。

ただし、注意があります。

ビタミンCには、鉄分の吸収を高める働きがあるのですが、慢性肝炎や肝硬変の人が鉄分を摂り過ぎると肝がんなるリスクが高くなります。

がん予防のために食べていた果物で、逆にがんになりやすくなるのでは本末転倒です。

したがって、慢性肝炎や肝硬変の人はビタミンCを摂り過ぎないようにしてください。


関連記事

調査の結果、乳児の時から固ゆで卵を食べることにより、卵アレルギーを予防できるこ...


カレーは一晩寝かせた方が美味しいですが、そのまま常温で保存し続けると、ウエルシ...


活性酸素は、体に必要な物ですが、増えすぎると老化につながります。活性酸素を減ら...


日本人の死因第1位である「がん」は、いつ誰が罹ってもおかしくない病気です。命を...


厚生労働省が推奨する1日に必要な野菜の量は、350gです。しかし、ほとんどの人...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です