健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 野菜摂取量 目安は1日350g!野菜ジュースで栄養不足を補える?

野菜摂取量 目安は1日350g!野菜ジュースで栄養不足を補える?


野菜

健康を維持するために欠かせないことのひとつが、たくさん野菜を食べることです。

ずっと言われ続けていることなので、誰でも知っていますが、実際、どれくらいの量を食べればいいか知っていますか?

知らない人は多く、また、毎日、目安とされる量の野菜を食べ続けている人は、そう多くはいません。

病気にならないように、そして、長生きできるように、1日にどれだけの野菜摂取量が必要なのか、しっかり理解し、その目標を達成できるような食生活を心掛けましょう。



野菜摂取量の目安は1日350g以上

「1日にどれくらいの量の野菜を食べればよいのか?」

この質問に対する回答を厚生労働省がしており、それによると、目安は1日350g以上です。

カロリーが低い野菜をたくさん食べることで、満腹感によって肥満を予防できると共に、それぞれの野菜に含まれている栄養素により、糖尿病・脳卒中・高血圧・癌といった生活習慣病も予防できます。

したがって、好きな野菜だけ食べて1日350gを満たせばいいのではなく、トマトやレタス、キャベツ、タマネギなど、様々な野菜をバランス良く食べなければなりません。

野菜は生で食べた方が栄養は豊富ですが、人によっては、生野菜だけで1日350gを満たすことは辛いでしょう。

その時は、多少栄養素が失われても過熱して食べることがおすすめで、加熱によって失われた分、食べる量で補うと比較的楽です。

野菜が苦手という人も、加熱した方が食べやすいので、焼いたり、蒸したり、煮たりして、自分に合った野菜の食べ方を探してみてください。



野菜不足の現代日本人

「野菜摂取量の目安は1日350g以上」と言われても、よく分からないと思います。

野菜炒めや野菜サラダなど1人前1皿を70gとすると、1日で5皿食べなければなりません。

「えっ?そんなに食べないといけないの?」と思った人は結構多いと思いますが、実際、毎日350gの野菜を食べている人はかなり少ないです。

野菜ジュースなどで有名なカゴメが、2017年3月に、20~69歳の男女410人を対象に行った調査によると、1日350gの野菜を食べている人はわずか5パーセントで、1日の平均野菜摂取量は133gでした。

95パーセントの日本人が野菜不足であり、忙しい人ほど野菜を摂取できていない傾向が強いので、病気予防のためにも、意識的に野菜を食べるように心掛けましょう。

特に、1日に1食や2食の食習慣の人は、一度に食べる野菜の量が多くなるので、毎日無理なく野菜を食べられるように、調理の工夫が必要です。



野菜ジュースで栄養補給できる?できない?

肥満予防と生活習慣病予防に効果があると言っても、相当な野菜好きでない限り、毎日350gの野菜を食べ続けるのは難しいでしょう。

忙しい日々の中、野菜ジュースで野菜不足を解消しようとする人もいます。

さまざまなメーカーが野菜ジュースを販売しており、コンビニでもお手頃価格で、栄養満点の野菜ジュースを購入可能です。

1本で一日分の野菜を摂取できることを売り文句にしている野菜ジュースも珍しくありません。

しかも、ちょっとした合間に、無理なく飲めるというメリットもあります。

ここで疑問に思うのが、「本当に野菜ジュースで栄養不足を補えるのか?」ということでしょう。

野菜ジュースは製造過程で加熱されているため、ビタミンCなどの熱に弱い栄養素が失われており、もったいないです。

もちろん、失われた分の栄養素が加えられている野菜ジュースもありますが、そのままのものもあります。

そして、野菜ジュースは飲みやすさを考慮して、食物繊維が取り除かれている欠点もあります。

したがって、野菜ジュースでも栄養補給は可能ですが、実際に野菜を食べることには劣ると結論付けることが可能です。

また、噛むことで、「唾液が出て消化を助ける」「満腹中枢を刺激して食欲を抑える」「血流が良くなる」「脳細胞が活性化する」などの健康効果も期待できます。

さまざまな種類の野菜を1日350g、よく噛んで食べることを基本とし、どうしても時間がないときに、野菜ジュースで栄養補給すると良いでしょう。


関連記事

牛乳、豆乳に続く「第3のミルク」として、アーモンドミルクとライスミルクが注目を...


活性酸素は、体に必要な物ですが、増えすぎると老化につながります。活性酸素を減ら...


日本人の死因第1位である「がん」は、いつ誰が罹ってもおかしくない病気です。命を...


調査の結果、乳児の時から固ゆで卵を食べることにより、卵アレルギーを予防できるこ...


今、野生のシカ肉やイノシシ肉などを使ったジビエ料理が人気です。しかし、これら野...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です