健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » スマホ老眼の症状と予防法・改善法!若者でも注意が必要

スマホ老眼の症状と予防法・改善法!若者でも注意が必要


スマホ

スマホの普及により、どこでもSNSやゲーム、WEBサイト閲覧、地図検索などができ、とても便利な世の中になりました。

しかし、スマホ依存症や歩きスマホなど、悪いことが増えたことも事実です。

そして、「スマホ老眼」という病気になる若者が増えているので、気を付けなければなりません。



スマホ老眼の症状

目のピントは、水晶体を支えている毛様体筋が伸び縮みし、水晶体の厚みを変えることで調節しています。

通常、40歳前後に症状が表れる老眼は、老化が原因で水晶体自体が凝り固まってしまっているため病気ではなく、それ故に、メガネやコンタクトレンズを使用するか、手術をするしか改善方法はありません。

しかし、現在、20代・30代の若者を中心に増えている「スマホ老眼」は、スマホ画面を近い距離で見続けることによって老眼と似た症状が表れる状態で、正式名を「調整緊張症」と言います。

症状が似ているだけなので、スマホ老眼で老眼になることはありません。

ただし、スマホ老眼は、頭痛、めまい、肩こり、倦怠感などの症状により、体調不良になる他、眼精疲労や視力低下につながります。

そして、すでに老眼を発症している場合は、老眼を悪化させることになるので、注意が必要です。

20代・30代のスマホをよく使用している人で、目のピントが合わせづらいと感じたら、スマホ老眼を疑い、すぐにスマホの使い方を改善しましょう。



スマホ老眼の予防法・改善法

スマホ老眼の原因は、近くでスマホ画面を見ていることと、ブルーライトです。

したがって、一番良い予防法・改善法は、スマホの使用を控えることですが、スマホなしでは落ち着かないという人が多いでしょう。

その場合は、次のことを守ってください。

  • スマホ画面から目まで30cm以上離す
  • 長時間の連続使用を避け、休憩する
  • 画面を明るくし過ぎない
  • 疲れ目用の目薬を差す
  • まぶたを軽くマッサージする(強いと眼瞼下垂になるので注意)

以上が、スマホ老眼の予防法・改善法ですが、実際に症状がひどくなった場合は、スマホを控えるしか方法はありません。


関連記事

コンタクトレンズやアイプチ、目を擦ることなどによって、上まぶたが垂れ下がる病気...


アカントアメーバは、あらゆる場所に生息する原生動物です。水道水にも存在するため...


ドライアイになると、目が乾いて辛いため目薬をさしますが、目薬のさし過ぎはかえっ...


まぶたの裏にある「ミュラー筋」が伸びると目元にしわ・たるみができ、その結果、老...


ブルーライトは目に悪いとされ、ブルーライトカットメガネも販売されています。しか...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です