健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » アカントアメーバ感染!コンタクトを水道水で洗浄・保存してはいけない

アカントアメーバ感染!コンタクトを水道水で洗浄・保存してはいけない


コンタクトケース

コンタクトレンズの普及により、視力が悪い人の生活は、劇的に改善しました。

そして、視力矯正が目的であったはずのコンタクトレンズは、今やおしゃれ目的として、若い女性を中心にカラコンも普及しています。

しかし、コンタクトを正しくケアしないと、細菌やアカントアメーバに感染して角膜炎等の目の病気になり、さらに悪いと失明することもあるのです。

したがって、コンタクトを水道水で洗浄したり、保存したりしてはいけません。

目の健康を考え、この機会に、正しいコンタクトレンズのケア方法を覚えましょう。



アカントアメーバに感染した場合の症状

アカントアメーバとは、肉眼では見えない小さな原生生物であり、水中や土壌など、ありとあらゆる場所に生息しています。

健康な人がアカントアメーバに触れても、病気になることはありません。

しかし、コンタクトを交換せずに長期間使用したり、しっかりケアせずに不衛生な状態で使い続けると、アカントアメーバは爆発的に増殖します。

すると、アカントアメーバ角膜炎と呼ばれる目の病気になり、充血、目の痛み、視力低下などの症状が出て、最悪、失明してしまうのです。

アカントアメーバの治療は、点眼薬や角膜表面を削ったりしなければならず、完治までに数ヶ月要することもあります。



ソフトコンタクトレンズを水道水で洗浄・保存した場合のリスク

ソフトコンタクトレンズを水道水で洗浄・保存した場合、次の問題が生じます。

アカントアメーバ角膜炎になる可能性アップ
水道水は、塩素で消毒された綺麗な水が流れていると思いがちですが、アカントアメーバや他の細菌は、その程度の消毒では死滅せず、水道水の中でも生息しています。
含水率が変わり使用できなくなる
ソフトコンタクトレンズは、スポンジのように水を含む性質があり、水道水を吸収すると、変形・硬化・細菌繁殖により、使用できなくなってしまうことがあります。精製水も使用できません。

ハードコンタクトレンズを水道水で保存した場合のリスク

ハードコンタクトレンズを水道水で保存した場合、次の問題が生じます。

塩素によってレンズ表面が変化して使用できなくなる
ハードコンタクトレンズを長期間に渡り水道水に浸すと、塩素によってレンズ表面が変化して、使用できなくなります。また、細菌も繁殖しやすくなります。

ただし、ハードコンタクトレンズの場合、すすぎに水道水を使用できます。



ソフトコンタクトレンズを付ける時の正しいケア方法

アカントアメーバ角膜炎になるのは、ほとんどがソフトコンタクトレンズ使用者なので、ソフトコンタクトレンズ使用者は、次の正しいケアを毎日欠かさず実践しましょう。

  1. 石鹸で手をきれいに洗う
  2. ケースからコンタクトを取り出し、汚れやキズをチェックする
  3. 手のひらにコンタクトを乗せ、洗浄液を数滴垂らして、指の腹で表裏20~30回、こすり洗いする
  4. コンタクトを洗浄液ですすぐ
  5. コンタクトを装着する
  6. ケースとフタを水洗いし、裏向けにして自然乾燥させる。細菌の付着防止のため、布で拭くのはNG

以前は、煮沸消毒が必要でしたが、洗浄・すすぎ・保存・消毒を1液で行えるMPS(マルチ・パーパス・ソリューション)が登場し、ソフトコンタクトレンズのケアが簡単になりました。

しかし、思っているよりも効果は低く、付ける時・はずすときにこすり洗いしないとアカントアメーバや汚れがしっかり取れないので、必ずこすり洗いしてください。

そして、コンタクトを装着した後、洗ったケースにすぐに保存液を入れたくなりますが、そうするとケース内で細菌が繁殖する可能性があるため、一旦完全に乾かしてから、はずす直前に保存液を入れましょう。

保存液を持ち歩きたい方は、100均などでもうひとつコンタクトケースを購入するのがおすすめです。

ソフトコンタクトレンズをはずした時の正しいケア方法

ソフトコンタクトレンズをはずした時も、次のケアを徹底してください。

  1. 石鹸で手をきれいに洗う
  2. コンタクトをはずす
  3. 手のひらにコンタクトを乗せ、洗浄液を数滴垂らして、指の腹で表裏20~30回、こすり洗いする
  4. コンタクトを洗浄液すすぐ
  5. 保存液をケースに十分入れ、コンタクト全体をしっかり浸ける
  6. 4時間以上放置する

コンタクトは便利なアイテムですが、上記のとおり、ケアが面倒です。

性格的に、どうしても続けられないという方は、ワンデータイプのコンタクトをご利用ください。

ワンデータイプのコンタクトなら、付ける時・はずす時に、石鹸で手を洗うことだけ守れば済みます。


関連記事

運転免許の更新の際には、必ず視力検査が実施されます。そして、加齢等により、思っ...


メガネやコンタクトレンズの度数が合っていないと、めまいや吐き気、頭痛、肩こり、...


人が認めたくない老化現象のひとつに老眼があります。見えづらい状況で我慢している...


まぶたの裏にある「ミュラー筋」が伸びると目元にしわ・たるみができ、その結果、老...


目薬は、正しい差し方をすると効果を最大限に得られ、細菌の繁殖を抑えることができ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です