健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 冷え性の原因は?体の冷えからくる症状・病気を紹介

冷え性の原因は?体の冷えからくる症状・病気を紹介


冷え性

冷え性は、暖かい部屋にいても、手足や体全体が冷えて辛い状態です。

冷え性になるのは、熱を通しにくい脂肪が多く、血流を促す筋肉が少ない女性が主でしたが、最近では、男性や子供でも冷え性を訴える人が増えました。

この冷え症ですが、病気ではありません。

しかし、ただ寒くて辛いだけではなく、病気が原因だったり、病気の原因に成り得るため、放置しておくのは危険です。



冷え性の原因

冷え性の原因としては、次のことが挙げられます。

ストレスなどによる自律神経の乱れ
自律神経とは、循環や呼吸、体温調節など、自分の意思には関係なく働く神経のことです。人間は恒温動物なので、この自律神経によって、常に一定の体温が保たれています。しかし、ストレスや生活習慣の乱れ、空調の効き過ぎなどにより、自律神経が乱れ、冷え性になってしまうことがあります。
ダイエットによる栄養不足
体温を維持したり、冷えた体温を上昇させるには、食べ物の栄養をエネルギーに変換しなければなりません。しかし、極端なダイエットをすると、その燃料となる栄養が体内にないので、体温を上昇させることができず、冷え性になります。
冷え性を引き起こす病気
貧血、低血圧、更年期障害、甲状腺機能低下症、閉塞性動脈硬化症などの病気により、冷え性を発症することがあります。対策を講じても冷え性が治らない場合は、病院で検査を受けましょう。
下着や靴下・靴などによる締め付け
衣服等により締め付けると、血流が悪くなって、冷え性になります。ある程度、余裕のある服装を身に付けるようにしてください。
露出の多い服装
脚やお腹が出る服を着たり、薄着をすると、当然に体が冷えます。
筋肉量が少ない女性
筋肉は、動かすことで熱を発しますし、血流も上がります。しかし、女性は、男性に比べて筋肉量が少ないので、冷え性になりやすいです。
女性ホルモン(エストロゲン)の減少
ストレスや更年期障害などによって女性ホルモンの分泌が乱れると、血行が悪くなり、体が冷えます。
喫煙
タバコに含まれるニコチンが、血液の流れを悪くします。

上記のとおり、冷え性の原因は複数あるため、まずは自分がどの原因で冷え性になっているかを判断することから始めてください。



冷え性のタイプ

冷え性には、次の4つのタイプがあります。

  • 末端型冷え性タイプ(若い女性に多い。手足が冷たく、全身が寒く感じる)
  • 下半身型冷え性タイプ(中年の男女に多い。デスクワークで運動不足の人がなりやすい)
  • 内蔵型冷え性タイプ(中年女性が多い。美容・健康に悪影響を及ぼす)
  • 全身型冷え性タイプ(男性が多い。食事量の減少などにより基礎代謝が低下することが原因)

末端型冷え性タイプの人は、かなり手足が冷たいので、自分が冷え性であることを自覚していますが、その他のタイプの人の中には、自分が冷え性だということを全く疑いもしていない人もいるので、注意が必要です。



体の冷えからくる症状・病気

冷え性は、病気ではありません。

しかし、冷え性は血流が悪くなっているため、体中で様々な症状・病気を発症します。

頭痛、肩こり、腰痛、不眠、生理痛、ED、下痢、便秘など、数え出したらキリがないくらい多くの症状・病気です。

しかも、体温が下がって免疫力が落ちているため、風邪やインフルエンザなどの病気に罹りやすく、花粉症やアレルギー反応も出やすくなります。

これが、冷え性が「万病のもと」と呼ばれている所以です。

したがって、冷え性、かつ、体の冷えからくる症状・病気があった場合は、できるだけ早く改善しなければなりません。

まずは、「冷え性の治し方!運動・入浴・食事で改善」をお試しください。


関連記事

眠気覚ましとしても知られているカフェインですが、大量摂取すると中毒になり、亡く...


肺炎は、日本人の死因第3位になっており、高齢者になるほど罹りやすいという特徴が...


脱水症・熱中症は、夏だけに発症する病気ではありません。冬に罹ると、気付くのに遅...


現在、便秘の小学生が増えています。学校でトイレに行けないことや生活習慣の乱れな...


高齢化に伴い、社会問題にもなっているのが、認知症患者による交通事故です。認知症...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください