健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 靴下履いて寝ると良くない!睡眠の質が低下して病気になることも

靴下履いて寝ると良くない!睡眠の質が低下して病気になることも


靴下

冬は寒くなるので、家の中でも靴下を履いて防寒をしているという人は多くおり、特に、冷え性の人にとって、靴下は欠かせません。

そして、足が冷たいと全身が寒いと感じて眠れないため、そのまま靴下を履いて寝ている人がいます。

しかし、靴下を履いて寝ると体に良くないので、すぐにやめましょう。



なぜ、靴下を履いて寝ると良くないのか?

足が冷たければ、靴下を履いて暖めるのが、一番簡単で、誰もが思いつく防寒対策です。

実際、冷え性が多い女性を中心に、冬は靴下を履いて寝ている人は多くいます。

しかし、それは間違いなのです。

人間は、足の裏から熱を放散し、体温が下がることで深い眠りに入りますが、靴下を履いて寝ると熱を放散できなくなるため、睡眠の質が低下します。

さらに、靴下が足を締め付けることで、血流が悪くなって冷え性を悪化させたり、水分が溜まってむくみやすくなります。

靴下の質によっては、汗がこもって、その汗で冷え性が酷くなることもあるのです。

しかも、こういった悪条件で熟睡できない状態が長く続くと、癌や認知症などの重大な病気になるリスクが高くなってしまいます。

したがって、健康のために、靴下を履かずに素足で寝ましょう。



足が冷たくて眠れない時の対処法

「靴下を履いて寝ると健康に悪い」と言われても、足が冷たければ眠れず、それはそれで体によくありません。

そこで、寝る時におすすめの対処法が、次のとおりです。

  • 就寝前にお風呂で温まる
  • 足をマッサージして血流を良くする
  • 湯たんぽを使用する
  • こたつや電気あんかなどの暖房器具で足を温めてから寝る
  • どうしても足が冷たい時は、締め付けず通気性の良い素材の靴下を履く

湯たんぽは、徐々に温度が下がっていくので、問題ありません。

上記の対処法を実践して、寝る時に足が冷たくない状態にしてから、素足で寝るようにしてください。


関連記事

デング熱は、熱帯地域の病気ですが、「地球温暖化の影響」と「国境を越える人々の移...


疲れた時や頭を使った時に欲しくなる糖分ですが、摂りすぎると砂糖中毒になり、負の...


骨粗鬆症は、骨がスカスカになり、骨折しやすくなる病気で、特に高齢女性が罹ります...


偏西風に乗って中国からやってくる黄砂はアレルギーを引き起こし、PM2.5は肺が...


肺炎は、日本人の死因第3位になっており、高齢者になるほど罹りやすいという特徴が...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください