健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 乗り物酔いの原因と治し方!三半規管を鍛える、ツボ、病院

乗り物酔いの原因と治し方!三半規管を鍛える、ツボ、病院


バス

「乗り物酔い」は、正式名を「動揺病」と言い、自動車や電車、船、飛行機などに乗った時に、気分が悪くなる病気です。

一般的なのは、車酔いですが、車で気分が悪くなる人はごくわずかであり、車酔いする人はいつまで経っても治らないという特徴があります。

そのため、乗り物酔いしない人には理解できません。

しかし、乗り物酔いは、それまで元気だった人があっという間に病人同様の状態になる病気であり、生活や仕事に大きな影響を及ぼしかねないので、乗り物酔いする人には大きな悩みです。

乗り物酔いの治し方について説明するので、ぜひ、参考にしてください。



乗り物酔いの原因と症状

耳の奥深くには「内耳」と呼ばれる部分があり、その中には「三半規管」と呼ばれる器官があります。

そして、この三半規管の内部はリンパ液で満たされており、このリンパ液の流れで、体の平衡感覚を感じているのです。

しかし、乗り物に乗って、発進、加速、停止、上下動などの動きが体に加わると、視覚と体の感覚がズレ、さらに、自律神経が乱れます。

これが、乗り物酔いになるメカニズムです。

また、次のことも乗り物酔いを誘発させる原因とされています。

乗り物酔いの原因

  • 睡眠不足、ストレス、過労などによる体調不良
  • 車内のホコリ臭さ、芳香剤、排気ガス、ガソリンなどのニオイ
  • 空腹、満腹
  • 本を読む、ゲームをする
  • 体を締め付ける服を着る
  • 乗り物酔いするという心理的な不安

上記のとおり、ありとあらゆることが乗り物酔いの原因となるため厄介です。

なお、乗り物酔いになると、生あくび、顔面蒼白、吐き気、嘔吐などの症状が出ます。



乗り物酔いになった時の対処法

乗り物酔いになった時は、次の対処法を試してください。

乗り物から降りる
症状が出てすぐに、その乗り物を降りれば、乗り物酔いは治ります。しかし、症状が酷い人が、長時間に渡り気持ち悪い状態を我慢すると、降りてもしばらく治りません。場合によっては、数日間、治らないことがあります。
酔い止め薬を飲む
酔い止め薬には、平衡感覚と自律神経の乱れを整える効果があり、吐き気とめまいを予防・緩和します。旅行や遠足などで、乗り物に長時間乗ることがあらかじめ分かっている時に効果的です。酔い止め薬は、薬局で購入できます。
窓を開ける
乗り物酔いする人にとって、車内のホコリ臭さや芳香剤のニオイは、車酔いを連想させる要因です。窓を開け、車内の臭いを和らげてください。
乗る位置を変える
乗用車なら後部座席よりも助手席の方が揺れが少なく、バスや船の場合は中央部の揺れが少ないので、この位置に座りましょう。できれば、乗る時点で、この位置に座ることを習慣付けてください。また、乗用車の助手席に座ることで、景色を見ることができ、視覚と感覚のズレが少なくなるメリットもあります。
進行方向に向かって座る
電車で、進行方向に対して後ろを向いて座ると視覚と感覚がズレやすいので、進行方向に向かって座るようにしましょう。
自動車を自分で運転する
車に乗る際、自分で運転すると酔いにくくなります。これは、車の動きを予想することができ、体が勝手に安定を保とうと反応するためです。また、運転に集中して、他のことをあまり考えなくなることも、車酔い防止につながります。
読書やゲームをやめる
近くを見ていると景色が目に入らないので、視覚と感覚にズレが生じて乗り物酔いになりやすいです。読書やゲームはやめ、遠くを見るか、目をつぶりましょう。
会話などを楽しむ
乗り物酔いする人はほぼ全員、乗る前から「酔うから嫌だなぁ」と考えています。これが余計に乗り物酔いを助長させるので、会話などして、乗り物酔いのことを忘れましょう。言うのは簡単ですが、これが一番難しいです。

実際、乗り物酔いを発症してからでは遅いので、乗車時点からできる対処法は最初から実践してください。

そして、周りの人も、乗り物酔いしている人の辛さを感じ取り、協力してあげる必要があります。



乗り物酔いの治し方!克服法

上記の乗り物酔い対処法で難を逃れたとしても、今後もずっと乗り物酔いは続きます。

根本的な乗り物酔い克服にはつながらないのです。

そうなると、まず考えられるのが病院であり、耳鼻咽喉科で診断を受けられますが、他の病気が原因でなければ、診断しただけで何もなされません。

そこでおすすめの乗り物酔いの治し方は、体操やトランポリン、ブランコなどの運動で、三半規管を鍛えることです。

家の中でも、前転や後転、その場でグルグル回る運動などを継続して行うことで、かなり時間は掛かりますが、乗り物酔い克服につながります。

また、我慢して何度も乗り続けることで、体を慣れさせるという治し方もあります。

私自身、かなり酷い乗り物酔いを抱えていますが、電車通学・電車通勤でこの荒療治を続けた結果、電車酔いは克服済みです。

乗り物酔いに効くツボ

乗り物酔いに効くとされているツボは、手や腕、足、頭などに複数ありますが、気持ち悪くなっている時に、そんなにあちこち押していられません。

そこで、最も有名で、覚えておきたいのが、「内関(ないかん)」というツボです。

これは、掌を上に向けた状態にし、手と腕の境から指三本分離れた位置にあるツボで、吐き気などに効くとされています。

乗り物に乗る前に、次のような乗り物酔い予防のリストバンドで押しておくと良いでしょう。

ただし、内関の効果は、人や症状によりそれぞれです。


関連記事

疲れた時や頭を使った時に欲しくなる糖分ですが、摂りすぎると砂糖中毒になり、負の...


冬になり寒くなると、足が冷えて眠れなくなるため、靴下を履いて寝る人が多くいます...


手足口病は、主に乳児や幼児が罹る病気で、感染すると、手足口などに水疱ができます...


眠気覚ましとしても知られているカフェインですが、大量摂取すると中毒になり、亡く...


ジュースを飲み過ぎると、含まれている大量の糖質により、糖尿病の一種である『ペッ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です