健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 冬でも起こる脱水症・熱中症!高齢者は経口補水液で予防を

冬でも起こる脱水症・熱中症!高齢者は経口補水液で予防を


水分補給

脱水症・熱中症からイメージする季節は夏です。

毎年、夏になると、テレビで「こまめに水分補給して脱水症・熱中症を予防しましょう」と言っているのを聞きますが、秋になると聞かなくなり、翌年の夏までは「脱水症・熱中症」という単語すら聞きません。

そんな状況であるため、ほとんどの人が、夏以外の季節は脱水症・熱中症にならないと思っています。

しかし、それは間違った考えであり、実際は、冬でも脱水症・熱中症になるのです。

冬に脱水症・熱中症になる原因を知り、自分が患者にならないように常日頃から予防しましょう。



冬に脱水症・熱中症になる原因

脱水症とは、体の水分とミネラル(電解質)が減り、頭痛・吐き気・めまい・筋肉のけいれんなどの症状が出る状態であり、脳梗塞と心筋梗塞の引き金になる可能性があります。

熱中症とは、体温調節機能が狂って体温が高くなり、頭痛・吐き気・めまい・筋肉のけいれん・失神などの症状が出る病気であり、最悪、命にも関わります。

どちらも、暑い環境にいることで罹る病気なため、夏特有の病気と勘違いしていますが、冬でも暑い室内で罹る病気であり、実際、冬に多くの患者が病院に搬送され、中には亡くなっている人もいるのです。

だから、冬でも油断できません。

冬に脱水症・熱中症になる原因は、次のとおりです。

冬は空気が乾燥している
冬になり空気が乾燥すると、皮膚や呼気から水分が蒸発する「不感蒸泄」が活発になり、体内の水分が失われやすくなります。しかし、寒くて汗をかきにくいので、水分が失われていることに気付かず、水分補給を怠ってしまいます。
暖房器具によって空気が乾燥する
暖房器具を使うと、空気は乾燥します。ただでさえ乾燥している冬の空気が、さらに乾燥するため、体内の水分がより失われやすくなります。
寒さで喉が渇きにくい
暑ければ、喉が渇いて自主的に水分補給しますが、寒いと喉が渇きにくいので、水分補給がおろそかになってしまいます。
ウイルス感染症で脱水する
インフルエンザウイルスやノロウイルス、ロタウイルスに感染すると、下痢や嘔吐、発汗で、大量の水分とミネラルを失います。
あえて水分を摂らない
「体を冷やしたくない」「頻繁にトイレに行きたくない」との理由で、あえて水分を控えている人がいます。当然、体に悪いです。

暖房がきいた暑い部屋のみならず、車のエアコンで発症した人もいます。

冬の脱水症・熱中症は、患者数は少ないものの、気付くのが遅れて重症化するケースもあるため、気を付けてください。



お風呂で熱中症を発症すると命に関わる

夏場の熱い時期であれば、お風呂はシャワーで済ますという人も多いでしょう。

しかし、冬場は湯船に浸かって体を温めるという人が圧倒的に多くなり、「浴室熱中症」と呼ばれるお風呂での熱中症になる可能性が高くなります。

人間の体は、汗をかいてその気化熱で体温を下げる機能を持っていますが、お風呂に入っている時は汗が出ても気化しないため、体温が高い状態が続いてしまうのです。

すると、体は、血管を広げて体温を下げようとし、その結果、脳への血流が減少して頭がぼーっとします。

この状態は非常に危険で、このまま浴槽内で失神すると、顔がお湯に浸かっても目を覚ましません。

平成26年には、家庭の浴槽内で4866人が亡くなっており、その9割が65歳以上の高齢者となっているので、お年寄りの方は特に気を付けてください。

浴室熱中症を防ぐ入浴法

  • 入浴前に家族に声を掛け、もしもの時に気付いてもらいやすいようにする
  • ヒートショック予防に脱衣所・浴室を暖める
  • お湯の温度は41度以下、入浴時間は10分以内にする
  • 浴槽から出る時は、ゆっくりと立ち上がる
  • アルコールが抜けてから入浴する

入浴が危険と思っている人は少ないですが、被害者数を見ればその危険度を実感できると思います。

日々の習慣ということは、その分、危険に遭う機会が多くなるということなので、油断せずに上記の入浴法を守りましょう。



経口補水液で脱水症・熱中症予防

脱水症・熱中症予防に欠かせないことのひとつが、こまめな水分補給です。

ただし、汗には水分の他、ナトリウムやカリウムなどの電解質も含まれていることを忘れてはいけません。

水分補給と言えば、まず「水」を思い浮かべると思いますが、汗をかいて水分と電解質を失っている状態で水を飲むと喉の渇きは止まりますが、薄まった体液の塩分濃度を戻そうと尿として水分を排泄するため、「自発的脱水」と呼ばれる脱水状態になってしまいます。

したがって、水だけではなく、塩分(ナトリウム)の補給も必要です。

そこでおすすめなのが、ナトリウムと糖分を含んでいるスポーツドリンクですが、脱水症・熱中症予防目的なら、それよりも経口補水液にしましょう。

経口補水液は、スポーツドリンクよりもナトリウムが豊富で糖分が控えめなので、水分が体内に吸収されやすいという特徴があります。

経口補水液をこまめに飲んで脱水症・熱中症を予防し、実際に発症した際も経口補水液を飲むのがおすすめです。

【おすすめ記事】 熱中症になったらその後の応急処置・治療法は?

【おすすめ記事】 梅雨でも熱中症になる!曇りの日・雨の日も要注意

【おすすめ記事】 熱中症を防ぐ汗の拭き方!汗をかかない人は注意


関連記事

冷え性は、ただ寒くて辛いだけではなく、さまざまな病気のサインであることもありま...


防水スプレーは、梅雨や雨の日に、水をはじいて濡れるのを防いでくれる優れものです...


手足口病は、主に乳児や幼児が罹る病気で、感染すると、手足口などに水疱ができます...


プール熱(咽頭結膜熱)は、アデノウイルスに感染することで発症する病気です。主に...


巻き爪になり、病院で治療を受けたものの再発。結局、自分で治療して完治しました。...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です