年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» » ヒートショックは温度差が原因!対策と暖房器具を紹介

ヒートショックは温度差が原因!対策と暖房器具を紹介


お風呂

冬になると、部屋の中でも寒い場所ができ、体も冷えます。

当然、お風呂に入って温めようと考える人もいるでしょうが、温度差が激しいと血圧が急激に変化して、ヒートショックと呼ばれる命に関わる状態になるので気を付けなければなりません。

ヒートショックにならない安全な入浴法を心掛けましょう。



ヒートショックの原因

ヒートショックの原因は、ズバリ、温度差です。

温かい部屋から寒い脱衣所や洗い場に行くと、血管が収縮して血圧が上がり、心筋梗塞や脳卒中になるリスクが高くなります。

さらに、その寒い脱衣所や洗い場から浴槽に入って体が温まることで、今度は血管が膨張して血圧が下がり、失神する可能性があります。

失神している場合は、顔がお湯の中に浸かっていても苦しさを感じないため、そのまま溺死してしまうのです。

このヒートショックが原因で亡くなる人数は、年間1万9千人であり、交通事故が原因で亡くなる人数の約4倍にも及びます。

その9割が65歳以上の高齢者なので、年配の方は特に注意が必要ですが、若くても肥満、高血圧、糖尿病、動脈硬化症、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群の人は注意してください。



ヒートショック対策

ヒートショックの原因は温度差なので、冬の寒い時期に、脱衣所や洗い場の室温を上げれば防ぐことが可能です。

他にもいくつかのヒートショック対策があるので、以下に説明します。

  • 入浴前に水分をよく取り、血圧が下がるのを防ぐ
  • 脱衣所用の暖房器具で室温を上げる
  • シャワーや浴槽のふたを開けて、湯気で洗い場の室温を上げる
  • 脱衣所と洗い場をリフォームする
  • 一番湯を避け、脱衣所と浴室の温度差が少なくなってから入浴する
  • 冷え込む深夜に入浴するのを避ける
  • 食後、飲酒後、すぐに入浴しない
  • 心臓から遠い手足に掛け湯をし、体を慣らしてから浴槽に入る
  • 40度以下のぬるま湯に浸かり、長湯を避ける
  • 床にマットやすのこを設置する
  • 半身浴にする
  • 浴槽から急に立ち上がらない
  • 家族に入浴することを告げ、もしもの時に備える


ヒートショック予防におすすめの暖房器具

リフォームすれば、ヒートショックのリスクを減らすことができますが、かなり高額となってしまうため、現実的ではありません。

そこで考えられる対策が、暖房器具を使って脱衣所の室温を上げることです。

幸い、ヒートショック対策用の暖房器具がリーズナブルな価格で販売されており、脱衣所を安全に温めることができます。

家族の中に高齢者がいる場合は、ぜひ、検討してください。


ZEPEAL 【工事不要】
壁掛け脱衣所カーボンヒーター

ZEPEAL 『工事不要』
壁掛け脱衣所ヒーター

24時間換気対応型
浴室換気乾燥暖房システム

関連記事

切手を舐めて貼っている人は多いですが、「どんな成分で、本当に安全か?」、確認し...


熱中症は、屋内外を問わず、気温と湿度が高い所に長時間いることで発症します。重度...


高齢化に伴い、社会問題にもなっているのが、認知症患者による交通事故です。認知症...


アニサキスは、魚介類に寄生する寄生虫で、その魚介類を生で食べた際に人間にも感染...


血管年齢が高いと動脈硬化になり、心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる病気につながり...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください