年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» 労働基準法・労働問題

カテゴリ:労働基準法・労働問題

使用者は労働者を解雇することができますが、濫用したと認められる場合は無効となります。通常は、30日前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。...


非正規労働者の増加に対応するため、安倍内閣によって「同一労働同一賃金」が『ニッポン一億総活躍プラン』に盛り込まれました。...


労働者は労働時間中に、選挙権や被選挙権を行使し、または公の職務を行えます。ただし、使用者はそれらに妨げがない限り、請求された時刻を変更できます。...


介護離職者をゼロにする目的で、2017年1月から介護休業を取得しやすくなります。また、それに先立ち、2016年8月からは介護休業給付金も現行の40パーセントから67パーセントに引き上げられます。...


労働基準法では、労働者の肉体的・精神的健康を考慮して、一定の労働時間を超えた場合は、途中に休憩を与えなければならないことになっています。...


学生アルバイトやフリーターなどの非正規雇用に責任のある仕事を押し付け、そして酷使し、使い捨てにするブラック企業・ブラックバイトの相談や対策について説明いたします。...


使用者は、働くことが条件となっている労働者の借金と賃金を相殺できません。ただし、労働者からの申出があれば可能です。...


労働基準法では、解雇予告手当や有給休暇中の賃金、災害補償などに使用するため、平均賃金の計算方法が定められています。...


時間外労働、深夜労働、休日労働の場合には、割増賃金が付きます。正しく割増賃金支払われているか知るために、計算方法をしっかり理解しておきましょう。...


入社日から6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤すると、給料ありの休みを取る権利が生じます。その後も条件を満たせば、1年ごとに年休が発生します。...