年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» 労働基準法・労働問題

カテゴリ:労働基準法・労働問題

解雇

使用者は労働者を解雇することができますが、濫用したと認められる場合は無効となります。通常は、30日前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。...


お金と通帳

使用者は、労働者の貯蓄金を管理する契約をできませんが、労働者の委託を受けた場合は、一定の条件を満たせば、貯蓄金の管理ができます。...


一万円札

使用者は、働くことが条件となっている労働者の借金と賃金を相殺できません。ただし、労働者からの申出があれば可能です。...


壊す

会社に損害を与えた場合を予定して、あらかじめ違約金や損害賠償額を決めておくことは禁止されています。ただし、実際に生じた損害の賠償を請求することは可能です。...


労働条件通知書

使用者は、労働契約の締結に際し、労働条件を明示する必要があります。そして、トラブル防止のために、一定の事項については書面を交付しなければなりません。...


お金

労働基準法では、解雇予告手当や有給休暇中の賃金、災害補償などに使用するため、平均賃金の計算方法が定められています。...


賃金

賃金は労働したことに対する報酬であり、労働者にとっては生活のために欠かすことができないものです。そこで、労働基準法で賃金について定め、保護しています。...


選挙の投票

労働者は労働時間中に、選挙権や被選挙権を行使し、または公の職務を行えます。ただし、使用者はそれらに妨げがない限り、請求された時刻を変更できます。...


派遣

労働基準法では、業として他人の就業に介入して利益を得ることは禁止されています。しかし、派遣等一部の事業者については、例外として認められています。...


肉体労働

精神または身体の自由を不当に拘束することにより、労働者の意思に反して労働させることは禁止です。ブラック企業はこの法律に抵触している可能性があります。...