年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » 労働基準法・労働問題

カテゴリ:労働基準法・労働問題

「産前産後休業」や「妊娠中の女性の軽易な業務への転換」「妊産婦の労働時間」「育児時間」などについて説明いたします。...


会社に損害を与えた場合を予定して、あらかじめ違約金や損害賠償額を決めておくことは禁止されています。ただし、実際に生じた損害の賠償を請求することは可能です。...


使用者の責任で休業となった場合、会社は労働者に平均賃金の100分の60以上の休業手当を支払わなければなりません。...


労働基準法では、業として他人の就業に介入して利益を得ることは禁止されています。しかし、派遣等一部の事業者については、例外として認められています。...


肉体的・精神的健康を維持するため、労働者には休日が必要です。したがって、使用者が労働者を働き続けさせないため、労働基準法35条に休日について定められています。...


都市部の学生や若手社員などが休暇を利用して地方で働く、『ふるさとワーキングホリデー』が2017年から始まります。...


精神または身体の自由を不当に拘束することにより、労働者の意思に反して労働させることは禁止です。ブラック企業はこの法律に抵触している可能性があります。...


労働者の国籍・信条・社会的身分を理由に、労働条件について差別的取り扱いをすることは禁止です。また、労働者が女性であることを理由に、賃金について差別的取り扱いをすることも禁止です。...


ダブルワークの場合でも、前後の労働時間は通算されるので、後に働く会社は36協定の締結・届出と割増賃金の支払いが必要となります。...


介護離職者ゼロを目指し、2017年(平成29年)1月から、介護者が会社に申請すると残業させられなくなります。...