年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » 労働基準法・労働問題

カテゴリ:労働基準法・労働問題

2019年、厚生労働省が、省内で「非正規」や「非正規労働」という単語を使用しないように周知させていることが明らかになりました。厚生労働省が「非正規」という単語の使用を禁止する理由に迫ります。...


年少者には、勉強することと心身の健康が大切なので、労働基準法で働くことを禁止されています。ただし、条件を満たせば映画や演劇の仕事などが可能です。...


使用者は、労働契約の締結に際し、労働条件を明示する必要があります。そして、トラブル防止のために、一定の事項については書面を交付しなければなりません。...


賃金やポストの上昇はないのに、プレッシャーや解雇で恐怖心を煽り、過度な労働を強いる全人格労働が日本で広まりつつあります。...


賃金は労働したことに対する報酬であり、労働者にとっては生活のために欠かすことができないものです。そこで、労働基準法で賃金について定め、保護しています。...


派遣社員の交通費は、非課税になる場合と課税対象になる場合があります。どんな条件で非課税になるかを説明したいと思います。...


使用者は、労働者の貯蓄金を管理する契約をできませんが、労働者の委託を受けた場合は、一定の条件を満たせば、貯蓄金の管理ができます。...


企業によっては、採用試験時に、退職証明書を求めることがあります。この退職証明書は、2年以内であれば前の会社に請求可能です。...


介護離職者ゼロを目指し、2017年(平成29年)1月から、介護者が会社に申請すると残業させられなくなります。...


海外の情報サイトで紹介された「今後10年以内になくなる可能性が高い職業」についてご紹介します。インターネットの普及やロボット・AIの導入、その他さまざまな変化により、今後ますますそういった職業は増える...