年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
» 労働基準法・労働問題

カテゴリ:労働基準法・労働問題

妊婦

「産前産後休業」や「妊娠中の女性の軽易な業務への転換」「妊産婦の労働時間」「育児時間」などについて説明いたします。...


女子高生

年少者には、勉強することと心身の健康が大切なので、労働基準法で働くことを禁止されています。ただし、条件を満たせば映画や演劇の仕事などが可能です。...


家族団欒

入社日から6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤すると、給料ありの休みを取る権利が生じます。その後も条件を満たせば、1年ごとに有給休暇が発生します。...


カフェの女性店員

ダブルワークの場合でも、前後の労働時間は通算されるので、後に働く会社は36協定の締結・届出と割増賃金の支払いが必要となります。...


深夜残業

時間外労働、深夜労働、休日労働の場合には、割増賃金が付きます。正しく割増賃金支払われているか知るために、計算方法をしっかり理解しておきましょう。...


残業

労働者に残業をさせたり、休日労働させる場合には、36協定(サブロク協定)を締結し、所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません。...


家族団欒

肉体的・精神的健康を維持するため、労働者には休日が必要です。したがって、使用者が労働者を働き続けさせないため、労働基準法35条に休日について定められています。...


休憩時間

労働基準法では、労働者の肉体的・精神的健康を考慮して、一定の労働時間を超えた場合は、途中に休憩を与えなければならないことになっています。...


会議室

使用者の責任で休業となった場合、会社は労働者に平均賃金の100分の60以上の休業手当を支払わなければなりません。...


退職証明書

企業によっては、採用試験時に、退職証明書を求めることがあります。この退職証明書は、2年以内であれば前の会社に請求可能です。...