年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » バイク » チューリッヒ バイク保険の評価・評判

チューリッヒ バイク保険の評価・評判


バイク

チューリッヒのバイク保険は、対人賠償保険と対物賠償保険の2つを基本に、必要な特約を選べるので、保険料に無駄がありません。

そして、契約1年目から、業界最高レベルのロードサービスを受けられるメリットがあります。



『チューリッヒ バイク保険』の補償内容

『チューリッヒ バイク保険』は、それぞれの人が自分に合った補償内容を選ぶことができます。

補償内容は多いですが、必要なものだけで良いので、保険料を抑えられます。

  • 対人賠償保険無制限がおすすめ)
  • 対物賠償保険無制限がおすすめ)
  • 対物超過特約(相手自動車の修理費が時価額を超える時に50万円を限度にまたは無制限に支給)
  • 自損事故傷害特約(単独事故や相手に過失のない事故で死傷し、自賠責保険で補償されない時に支給)
  • 無保険車傷害特約(死亡もしくは障害を負ったのに、相手方から十分な補償が得られないときに支給)
  • 搭乗者傷害保険(ご契約中のバイクに搭乗中の方が、バイク事故で死傷した場合に支給)
  • 人身傷害保険(ご契約中のバイクに搭乗中の事故で死傷した場合に支給。搭乗者傷害保険とは別)
  • 車両保険(車対車事故のみカバー型)
  • 携行品補償特約(偶然の事故により、持っていた物が壊れた場合に補償します)
  • 盗難時の臨時費用特約(バイクが盗まれたことを警察に届け出ると5万円支給)
  • 傷害特約(バイク乗車中以外の日常生活でケガをした場合に支給)
  • 弁護士費用等補償特約(弁護士費用等:300万円限度、法律相談費用:10万円限度
  • ファミリーケア特別見舞金特約(搭乗車傷害保険に付帯。100万円
  • 地震等による死亡一時金特約(地震・噴火・津波による傷害で180日以内に亡くなった場合に300万円支給)
  • 他人のバイクを運転した時のための補償

『チューリッヒ バイク保険』のサービス内容

『チューリッヒ バイク保険』のサービス内容は、次のとおりです。

24時間365日、事故・故障受付
事故や故障の時に電話で連絡すると、いつでもどこでも迅速に対応してくれるので助かります。
業界最高レベルのロードサービス
契約1年目から高品質のロードサービスを受けられるので、事故や故障でバイクが動かなくなっても安心。もちろん、24時間365日対応です。
GPS緊急通報サービス
ZステッカーなどにプリントされたQRコードからチューリッヒに素早く電話やメールで連絡できます。さらに、携帯電話のGPS機能を利用して、正確な現在地を知らせることが可能です。
専任担当者制
人身事故のスペシャリスト、物損事故のスペシャリストがいるので、スピーディーに示談交渉が進みます。
保険金請求書省略サービス
保険金のお支払いが早く完了するように、保険金請求書の提出は基本的に不要となっております。
事故証明書取得代行サービス
保険金の請求に必要な事故証明書を契約者に代わって取得してくれるので助かります。


『チューリッヒ バイク保険』の無料ロードサービス

『チューリッヒ バイク保険』を契約すれば、次の無料ロードサービスを受けられます。

  • 走行不能になったバイクをお客様ご指定の修理工場等へ無料で100kmレッカー移動
  • 修理完了後のバイクをご自宅まで搬送・費用全額負担(距離制限なし)
  • レンタカー24時間無料
  • 事故・故障現場からご自宅までの交通費を全額支給
  • 事故や故障で帰宅できなくなった場合の宿泊費を全額支給
  • 事故や故障で帰宅できない場合のペットホテル1泊分の費用と交通費を支給
  • 事故や故障により宿泊や旅行をキャンセルした場合に5万円まで補償
  • ガス欠時のガソリン給油(10Lまで無料・保険期間中1回のみ)
  • キー紛失時の解錠、キー作成(現場での鍵の作成も無料)
  • バッテリー上がり時のジャンピング(保険期間中1回のみ)
  • 各種オイル漏れ点検、補充(エンジンオイル代は無料)
  • エンジン冷却水補充(冷却水代は無料)
  • 各種灯火類のバルブ交換(バルブ代は無料)
  • ボルト増締め
  • 落輪引上げ

『チューリッヒ バイク保険』のリーズナブルな保険料

『チューリッヒ バイク保険』は、次の理由により、保険料が安くなります。

インターネット割引
・新規契約の場合、年間保険料により1,000円~3,000円割引
・継続契約の場合、一律1,000円割引
ダイレクト販売
インターネットや電話でお客様と直接お取引することにより、中間コストをカットして保険料を大幅引き下げしています。
ドライバーの年齢
運転される方の年齢により事故の発生率が異なるため、年齢を限定することで保険料が安くなります。
お住まいの地域
交通量や事故発生率は地域によって異なります。北海道、東北、関東・甲信越、北陸・東海、近畿・中国、四国、九州に区分し、事故が少ない地域にお住まいの方は保険料が安くなります。
ゴールド免許割引
ゴールド免許の方は、事故を起こしていないということを理由に保険料が安くなります。
バイクの使用目的
使用目的を「日常・レジャー」「通勤・通学使用」「業務使用」の3つに分け、事故が発生しにくい「日常・レジャー」の場合は保険料が割引きになります。
年間予定走行距離
予定走行距離を「3,000km以下」「3,000km超 5,000km以下」「5,000km超 10,000km以下」「10,000km超」の4つに分け、距離が短いほど保険料が安くなります。




関連記事

バイクや自動車を運転していていれば、当然、事故を起こす可能性があり、その場合、...


バイク事故では、自分が加害者になることもあれば、被害者になることもあります。 ...


バイクに乗るときは、自賠責保険への加入が義務付けられています。違反すると、「1...


バイクは年齢が若い人ほど事故を起こしやすいため、運転者年齢条件特約を付帯して運...


保険会社は、バイク事故が起こった場合、相手との示談交渉もしてくれます。 ただし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です