年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » バイク » 無保険車傷害特約とは?

無保険車傷害特約とは?


バイク

バイク事故では、自分が加害者になることもあれば、被害者になることもあります。

過失割合に応じ、相手の過失分は相手の保険会社から補償を受けられるのですが、保険未加入の自動車やバイクとの事故で死亡したり障害を負った場合は、相手の財産だけでは賠償額を補えず、泣き寝入りすることになってしまいます。

そんな時に、自分が契約している保険会社が代わりに補償してくれるのが無保険車傷害特約です。



無保険車傷害特約が支払われるケースについて

無保険車傷害特約は、以下の場合に、自分が死亡したり障害を負い、相手に過失・賠償責任があると支給されます。

  • 保険未加入の自動車やバイクと事故になった時
  • 相手の保険金の設定が低くて損害額をカバーできない時
  • 相手が運転者年齢条件に違反している時
  • 当て逃げで犯人が不明の時


無保険車傷害特約の金額

自分がしっかりバイク保険に加入しているのに、相手が加入していなかったり、保険金額が低かったりで、十分な補償を受けられないなんて納得できませんよね。

しかも、任意保険未加入のバイク・自動車は結構います。

バイクや自動車での事故は高額賠償になる可能性が高いですが、それは自分が加害者の場合に限ったことではなく、被害者の場合にも当てはまるのです。

でも、無保険車傷害特約を付けていれば、相手からもらえない賠償金も自分の保険会社から受け取れるので安心です。

支給額は次のように計算します。
損害額 – 自賠責保険の賠償金 – 人身傷害保険の賠償金 = 無保険車傷害特約

補償内容が重なる部分については支給されないので、初めに自賠責保険と人身傷害保険から補償される金額を引いて、なお残る損害額を限度額内で補償されます。

限度額は無保険車傷害特約の付帯状況をご覧ください。

無保険車傷害特約の付帯状況

無保険車傷害特約はどこの保険会社も基本セットになっているので安心です。





関連記事

三井ダイレクト損保のバイク保険について、詳しく説明いたします。すべてのご契約に...


最大5社の保険会社からバイク任意保険の見積もりが届きます。保険料、補償内容、サ...


バイク事故により、運転手や同乗者が死傷した場合に、一定額が支払われのが搭乗者傷...


バイクは年齢が若い人ほど事故を起こしやすいため、運転者年齢条件特約を付帯して運...


原付バイクや小型バイクでも自賠責保険に入ることは義務付けられていますが、任意保...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です