年金・保険・労働・ニュースなど、役立つ情報をお届けします。
HPB
HOME » バイク » 弁護士費用等補償特約とは?

弁護士費用等補償特約とは?


弁護士

保険会社は、バイク事故が起こった場合、相手との示談交渉もしてくれます。

ただし、「信号待ちしていたら車に衝突された」「バイクを駐車しておいたら車に擦られた」、といった「もらい事故」の場合、保険会社は示談交渉してくれません。

正確に言うと、保険会社はもらい事故に関して示談交渉できません。

その場合は、弁護士に示談交渉をお願いしたり、訴訟費用が必要になる可能性がありますが、通常のバイク保険ではカバーしていないので、自己負担となってしまいます。

そんな時に、必要な費用を補償してくれるのが弁護士費用等補償特約です。



なぜ弁護士費用等補償特約が必要なのか?

信号待ちで後ろから衝突された場合は、「もらい事故」と言って、衝突された被害者には過失はありません。

ただし、法律により、保険会社が「もらい事故」の示談交渉をすることはできないため、賠償のやり取りは被害者自身が行わなければなりません。

当然、交渉にも時間を要しますし、直接会えば時間と労力を要し、精神的にも大きな負担が掛かります。

また、相手が示談交渉に応じず苦労することもあります。

でも、弁護士費用等補償特約を付帯しておけば、弁護士への示談交渉依頼の費用や訴訟費用、法律相談費用を補償してくれるので安心です。

年間保険料も2千円しないくらいなので、もしもの事を考えて加入しておいた方が良いでしょう。



弁護士費用等補償特約の補償対象の範囲

アクサダイレクトの場合は、次のとおりです。 ※保険会社によって多少異なります

  • 記名被保険者(保険証券に記名されている人のこと)
  • 記名被保険者の配偶者
  • 「1と2」の同居の親族もしくは別居している未婚の子
  • 1~3以外で、ご契約のバイクに搭乗中の方

保険契約している本人のみならず、家族にも適用されるので安心です。

各保険会社の弁護士費用等補償特約の内容

  • アクサダイレクト(損害賠償請求費用保険金:300万円限度、法律相談費用保険金:10万円限度
  • 共栄火災(弁護士報酬等:300万円限度、法律相談費用:10万円限度
  • 三井ダイレクト損保(弁護士報酬等:300万円限度、法律相談費用:10万円限度
  • チューリッヒ(弁護士費用等:300万円限度、法律相談費用:10万円限度

どこの保険会社も、内容・金額はほぼ同じです。

そして、付帯は選択となっております。





関連記事

共栄火災のバイク保険について、詳しく説明いたします。24時間365日迅速な対応...


バイクに乗るときは、自賠責保険への加入が義務付けられています。違反すると、「1...


最大5社の保険会社からバイク任意保険の見積もりが届きます。保険料、補償内容、サ...


アクサダイレクトのバイク保険について詳しく説明いたします。どんなサービス内容に...


バイクは年齢が若い人ほど事故を起こしやすいため、運転者年齢条件特約を付帯して運...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です