健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 蚊に刺されやすい人・血液型!刺されない方法は?

蚊に刺されやすい人・血液型!刺されない方法は?


蚊

夏のイメージと言えば、スイカや花火、プール、キャンプなどを思い付きますが、夏の悪いイメージと言えば、蚊が上位にランクインするでしょう。

日本人であれば誰でも一度は刺されたことがあり、田舎に住む人は今までに数百回、千回以上と刺されています。

特に、寝る時に聞こえて来る蚊の羽音は誰もが嫌がる音で、蚊のターゲットから逃れるために手で払ったりしますよね。

でも、なかなか狙うのをやめてくれません。

蚊には血を吸わなければならない理由があるのですが、なんと、蚊に刺されやすい人がいるのです。

それでも、健康面で問題になる可能性があるので、できるだけ蚊に刺されないようにすることが重要です。



蚊が人間を刺す理由

蚊は、樹液や花の蜜を吸って生活しています。

しかし、産卵期のメスは、産卵のためにたんぱく質が必要なので、哺乳類や鳥類などを刺します。

蚊の口は見た目は1つですが、皮膚を切り裂くナイフ、麻酔成分である唾液を流し込む管、血液を吸う管など6種類の高性能な機能が備わっており、この口を使って人間から吸血しているのです。

その時、麻酔成分である唾液や血液の凝固を抑制する液を注入しているのですが、これが痒みの原因であると同時に、デング熱などの病気を媒介する原因にもなっています。

したがって、現在の日本では、痒みを予防するだけではなく、病気予防のためにも、蚊に刺されてはいけません。



蚊に刺されやすい人の特徴と血液型

蚊は近くにいる吸いやすい人の血液を吸っているイメージがありますが、実際は、選り好みをしているようです。

それは、次のような蚊に刺されやすい人の特徴から分かります。

  • O型の血液型の人
  • 体温が高い人
  • 汗臭い人
  • 体臭が強い人
  • お酒を飲んで二酸化炭素を多く輩出している人
  • 色黒の人
  • 黒系統の服を着ている人
  • 妊婦

蚊は、目が悪いので、臭いや体温を頼りに人間を狙ってきます。

ちなみに、血液型がO型だと蚊に刺されやすいのは間違いありませんが、今のところ科学的に実証されておらず、理由は分かりません。

蚊に刺されやすい血液型順は、O型、B型、AB型、A型という順序になっています。



蚊に刺されない方法

上記「蚊に刺されやすい人の特徴」と逆のことをすれば、蚊に刺されることを予防できます。

  • 虫よけスプレーを使う
  • 汗臭さや体臭を抑える
  • お酒を控える
  • 白系統の服を着る

どうしてもできないことがありますが、上記のような対策が有効です。

虫よけスプレーは、「ディート」か「イカリジン」配合の物を選びましょう。

蚊は、人間が発する二酸化炭素や汗、体臭、温度など頼りに狙ってきますが、「ディート」と「イカリジン」は蚊の感覚を麻痺させ、人間を感知しづらくするという特徴があります。

これら物質は、厚生労働省に認可されているので安心です。


関連記事

記憶するには、睡眠が必要です。短時間の昼寝をするだけで、記憶力がアップします。...


2017年7月27日、厚生労働省が、2016年の平均寿命ランキングを発表しまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です