健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 太っていると手術代が高額になる

太っていると手術代が高額になる


肥満

肥満は体に悪いことは周知のとおりですが、意外なことに経済的にも悪いのです。

よく食べるから食費にお金が掛かるということもありますが、ここではそういう意味ではありません。

太っている人は通常の人よりも手術代が高額になるのです。

なぜでしょうか?



国民皆保険と診療報酬

日本では国民皆保険制度が採用されているため、会社員(サラリーマン・OL)なら健康保険、自営業者や無職者なら国民健康保険というように、すべての人が何らかの医療保険に加入しています。

そして、病院は、診察や処置・手術に関して点数を付け、その点数に応じた医療費を患者に請求します。

この診療報酬は、同じ診療であれば、日本全国どこの医療機関でも同じ金額です。

実際には、保険者から現物給付として療養費が給付されるため、患者は一部負担金として医療費の3割を負担すれば済みます。



なぜ太っていると手術代が高額になるのか?

日本の医療費は、『診療報酬点数表』によって決定されるため、どこの医療機関で診療を受けても一律なはずです。

しかし、次の理由により、太っている人の手術代は高額になります。

  • 太っていると麻酔をかけにくい
  • 脂肪により手術が大変
  • 通常の人よりも太っている人は、手術に時間が掛かる

上記の理由により、名目としては、麻酔代が上がるのです。

手術の内容にもよりますが、標準体重の人に比べて、太っている人の手術代は約8万円ほど高くなります。

といっても、患者が負担する額が約8万円上昇するわけではなく、療養費高額療養費もしっかり適用されます。

ただし、太っていることで手術代が高くなり、患者の負担額も増えることに違いはありません。



手術代が高くなる肥満具合

「一体、どれだけ太っていると手術代が高くなるのか?」ですが、これは、体格指数であるBMI(Body Mass Index)の数値が30を超えるか否かで分かれます。

BMIの計算式
BMI = 体重kg / (身長m)2

日本人に多い身長を5cm刻みで調べた結果、次の体重を境にBMIが30近く、または30以上になります。

身長 BMIが29を超える体重
155cm 72kg
160cm 77kg
165cm 82kg
170cm 87kg
175cm 92kg
180cm 97kg

この体重を超えている人は、通常よりも手術代が高いことを自覚しましょう。


関連記事

今まで認められなかったドラッグストアや薬局で購入した薬代ですが、2017年1月...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です