健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » » 健康保険・入院時生活療養費とは?65歳未満は対象外

健康保険・入院時生活療養費とは?65歳未満は対象外


入院

『入院時生活療養費』とは、療養病床に入院する65歳以上の被保険者・被扶養者に対して支給される保険給付です。

65歳以上の方は、介護保険の適用を受けるため、その兼ね合いで、特別にこの保険給付が設けられています。



健康保険・入院時生活療養費とは?

プライベートでケガを負ったり、病気に罹った場合、その程度が酷ければ入院しなければなりません。

入院した時、65歳未満であれば、処置や治療に対しては『療養の給付』が支給され、病院食を食べた場合は『入院時食事療養費』が支給されます。

しかし、65歳以上の者は、介護保険の第1号被保険者に該当し、要介護状態・要支援状態になればサービを受けられるのです。

そのため、療養病床に入院する65歳以上の被保険者・被扶養者に対しては、『入院時食事療養費』の代わりに、『入院時生活療養費』が支給されることになっています。

健康保険に加入している会社員とその家族、国民健康保険に加入している自営業者等のみならず、公務員や私学教職員、船員も、それぞれ加入している医療保険制度で、『入院時生活療養費』を受けられるので安心してください。



入院時生活療養費の自己負担はいくら?

『入院時生活療養費』は、食費と居住費から成っており、一部を自己負担し、残りの部分が現物給付されます。

そして、この自己負担する金額のことを生活療養標準負担額と言います。

健康保険・国民健康保険共通の生活療養標準負担額

一般、現役並み所得者 1食460円 + 1日320円(地方厚生局に届出がある保険医療機関)
1食420円 + 1日320円(届出がない保険医療機関)
70歳以上の低所得者 1食210円 + 1日320円(住民税非課税者)
1食130円 + 1日320円(年金収入80万円以下の者等)
1食100円 + 1日0円(所得0円の者、老齢福祉年金受給者)

年齢に加え、所得によって負担額が異なっているので、注意してください。


関連記事

本来、保険診療と自由診療は併用できません。しかし、特別な治療や先進医療、歯科治...


『入院時食事療養費』は、入院中の食事の負担を少なくするために支給される保険給付...


『移送費』は、ケガや病気で移動が困難な患者が、医師の指示により、医療機関に移送...


『療養の給付』は、プライベートでのケガや病気により、病院等で治療を受けた時に支...


『高額療養費』は、私傷病により医療機関で診療を受け、1ヶ月間に支払った自己負担...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です