健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 米のとぎ汁洗顔で美肌・美白!効果が高い発酵水の作り方

米のとぎ汁洗顔で美肌・美白!効果が高い発酵水の作り方


洗米

お米のとぎ汁を無意識に捨ててしまっている方がほとんどでしょう。

米のとぎ汁には、美容・美白・保湿・除菌・消臭効果があることは昔から知られていましたが、さらに1日置いて発酵させることにより、その効果を最大限に高めることができることが分かりました。

今は科学的に検査できるので、米のとぎ汁が優れた液体ということが証明されていますが、昔の人は生活の知恵として普段の暮らしから米のとぎ汁の効果を知っていたことに驚きます。

また、何の根拠もないのに最初に米のとぎ汁を使い始めた人に対しても、「チャレンジャー精神と行動力が凄くあるなぁ」と感心しました。



米のとぎ汁の成分

米のとぎ汁を使うにあたり、その成分が何であるかを知っておいた方が安心でしょう。

お米を研いだ時に水が白く濁るのは、主にでんぷんであり、ビタミンB1、B2、E、セラミドといった美肌に効果のある物質が多く含まれています。

白く濁るのは糠(ぬか)のためだと思っている方がいますが、それは精米技術が低かった昔のことであり、今は糠は少しで、ほとんどは米そのものと同じでんぷんなので誤解しないでください。

ですから、米は研ぎ過ぎないようにしましょう。

米の研ぎ方と米のとぎ汁発酵水の作り方

次の手順でお米を研ぐと、美味しいお米が炊けて、美肌効果のある米のとぎ汁発酵水が作れます。

発酵水の作り方は、「女性セブン2016年12月15日号」で紹介された方法であり、当サイトではこれに2014年12月2日放送のテレビ朝日系列「林修の今でしょ!講座」で紹介された美味しいお米の炊き方も加えて説明しています。

  1. ボウルにお米に入れ、多めのミネラルウォーターか浄水器の水で素早く洗い、水を捨ててください。米がこの水を吸い込むので良い水を使う必要があり、汚れや雑菌を米が吸い込まないように素早く洗う必要があります
  2. もう一度、1同様に素早く洗います
  3. 水がない状態で、指先を曲げて20回くらい、指先だけで米を研ぎます
  4. 水を450ml入れて軽くかき混ぜ、その白く濁ったとぎ汁を消毒済みのフタ付き容器に入れます
  5. この容器はフタを少し開けた状態で、日の当たらない20~24度の常温に一晩(約12時間)置いておきます
  6. もう一度、お米に水を入れて軽くかき混ぜ、この米のとぎ汁は捨てます
  7. 水がない状態で、3同様に指先だけでお米を10回研ぎ、2回、水ですすいで炊飯します

一番最初の米のとぎ汁の方が濃くていいような気がしますが、汚れや雑菌が混じっているので使えません。

また、病気や老化の原因となる体の酸化を元に戻す酸化還元数値は、1回目のとぎ汁よりも3回目のとぎ汁の方が高く、一晩おいて発酵させることによりさらに高まることが分かっているので、必ず3回目の米のとぎ汁を使用してください。

発酵が進むと雑菌が繁殖して危険なので、使えるのは作ったその日だけです。



米のとぎ汁発酵水の使い方

米のとぎ汁には、美肌・美白の他にも、いろいろな効果があります。

洗顔
米のとぎ汁発酵水で洗顔すると汚れや脂、化粧が落ちやすい他、ピーリング効果で古い角質を取り除き、美肌・美白につながります。そして、保湿効果も高いので、潤った肌になります。
化粧水・フェイスパック
化粧水代わりに米のとぎ汁発酵水を顔に塗ったり、フェイスパックすることもおすすめです。
入浴剤
入浴剤代わりに米のとぎ汁発酵水を湯船に入れると、保湿効果により全身の肌が潤います。
洗髪・シャンプー・リンス・コンディショナー
米のとぎ汁はシャンプーがない時代に洗髪で使われており、その歴史は平安時代にまでさかのぼります。皮脂や汚れを取り除き、髪の毛に潤いを与えてくれます。
ワックス
米のとぎ汁でフローリングを拭くと、ワックスをかけたようにピカピカに輝きます。「オリザオイル」という油によるもので、匂いがないのが魅力です。
コンロ周りの油汚れ掃除
コンロの周りには頑固な油汚れが付きものですが、米のとぎ汁発酵水には、その脂汚れを簡単に落とす効果があります。
消臭
米のとぎ汁発酵水を匂いのある場所に霧吹きで吹きかけたり、染み込ませた布で拭くと、消臭できます。赤ちゃんやペットのいる場所でも安心して使用できます。
植物の肥料
米のとぎ汁は栄養満点。肥料代わりに花や家庭菜園に使えば、植物や野菜がよく育ちます。
大根やタケノコの下処理
米のとぎ汁で大根やタケノコを下茹ですると、えぐみが取れて美味しくなります。これは、実際にやっている人が多いでしょう。

関連記事

美白・美肌、皮膚がん予防のために、日焼け止め対策を欠かさない若い女性が多いです...


鏡で顔を見た時、鼻や頬の黒ずみが気になるという人は結構多いはずです。見た目から...


ムダ毛処理後に、黒いボツボツや肌の黒ずみで悩んでいる人は多いでしょう。そうなる...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です