健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 親の学歴が、子供の虫歯に影響

親の学歴が、子供の虫歯に影響


母子

子供のことを思いやる親が増え、また、虫歯の正しい予防法が広まったことにより、虫歯になる子供の数は確実に減っています。

しかし、子供の虫歯は、ない子は全くなく、ある子は口腔崩壊になるという、二極化が進んでいる状況です。

その原因として考えられているのが、親の学歴です。



「親の学歴」と「子供の虫歯」の調査結果

厚生労働省が2001年生まれの子供を対象に実施した追跡調査の約3万5千人のデータを、東北大学の研究チームが分析した結果、次のとおりでした。

両親ともに大卒以上の家庭

年齢 虫歯治療を受けた子供の割合
2歳半 5.6%
5歳半 31.5%

両親ともに中卒または高卒の家庭

年齢 虫歯治療を受けた子供の割合
2歳半 8.5%
5歳半 41.5%

親の学歴が低いと、子供の虫歯も多くなり、親の学歴が高いと、子供の虫歯は少なくなります。

また、成長するとその差は広がります。



「親の学歴」が「子供の虫歯」に影響する理由

なぜ、「親の学歴」が「子供の虫歯」に関係するかですが、これは、学歴が収入に直結するからです。

親の収入が少なければ、経済的にも精神的にも余裕はないので、子供の歯のケアがおろそかになってしまいます。

その結果、親の学歴が低い子供は虫歯になりやすい生活をし、虫歯になっても治療を受けられず、どんどん虫歯を増やしてしまうのです。

当然、治療を受けられないので、成長すればそれだけ虫歯になる子供の割合も増えます。

逆に、高学歴の親を持った子供は、幼い頃から歯のケアを徹底して教育され、虫歯ができても早期に治療を受けられるので、虫歯で苦しむ子供の割合は低くなります。



親の学歴が低い子供の虫歯予防

親の学歴が低いと、収入が低くなり、虫歯になるという悪循環に陥ってしまいます。

ただし、そのまま放ってはおけません。

歯の治療には高額な費用が掛かるので、収入が低い家庭の子供こそ、虫歯予防・早期治療に努めるべきです。

親は、子供に歯磨きや歯間ブラシの使用、フッ素塗布などを徹底させ、虫歯にならないようにしてあげましょう。


関連記事

正しい知識や歯科検診により、虫歯になる子供の数が減ってきました。しかし、一方で...


虫歯の治療で、歯を削った部分に詰め物をしますが、一生使えるわけではなく、寿命が...


富山大の関根道和教授が、「ゲームやテレビを長時間すると虫歯になりやすい」という...


セラミックの歯は高額ですが、コンピューターで歯の修復物を作り出す「セレック」な...


朝起きて、自分の口臭が気になっている人におすすめの改善方法をお教えします。口臭...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です