健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » カレー食中毒の症状と予防・対策!原因はウエルシュ菌の繁殖

カレー食中毒の症状と予防・対策!原因はウエルシュ菌の繁殖


カレー

「カレーは一晩寝かせた方が美味しい」というのは、一般的に常識として定着している考え方です。

実際、作ったその日より、翌日のカレーの方が美味しですよね。

でも、そのまま常温で保存すると、ウエルシュ菌が繁殖して食中毒の原因となるので注意しなければなりません。

正しい知識を持ち、美味しく衛生的なカレーを食べるように心掛けましょう。



カレーの常温保存が間違い

日本人が好きな料理のトップに君臨するカレーは、もはや日本人の国民食と言っても過言ではないでしょう。

カレールーが発売され、家庭でも簡単に美味しいカレーを作れるようになったため、爆発的に広まりました。

そして、日本人は、カレーを一晩寝かせた方が美味しいということに気付いたのです。

翌日のカレーが美味しいのは、肉や野菜などの食材からタンパク質・アミノ酸・糖質などが溶けだして混ざり合うからであり、香辛料も熱で熟成されて香りと風味が増します。

つまり、しっかりと理にかなっているのです。

しかし、なぜかカレーは常温で保存してもいいように捉えられ、多くの家庭でカレーの常温保存が普通に行われるようになってしまいました。

スパイスがたくさん入っていても、カレーに完璧な殺菌効果はありません。

したがって、正しい保存をしましょう。



ウエルシュ菌とは?

ウエルシュ菌は、土や水の中、人や動物の腸内など、自然界に普通に存在している細菌です。

特に、食肉や魚に多く付着しています。

そのウエルシュ菌が、カレーが過熱されて冷めていく過程において、最適な温度で爆発的に繁殖するのです。

ここで、「細菌なら加熱すれば死滅するだろう」と考えた方もいるでしょうが、ウエルシュ菌は芽胞(がほう)と呼ばれる殻を持ち熱に強いため、100度で1時間以上ボコボコと煮詰めても死滅しません。

つまり、また冷めていく過程で繁殖してしまうのです。

ここまで、カレーについて話していますが、シチューやスープ、煮物など、すべての食べ物について注意してください。

ウエルシュ菌によるカレー食中毒の症状

ウエルシュ菌の潜伏期間は、6~18時間です。

感染すると食中毒となり、下痢や腹痛、発熱、吐き気、嘔吐といった症状を引き起こします。

たいていは1日、長くても2日以内に治るので、食中毒としては軽い部類に入りますが、それでもかなり苦しむことになることだけは間違いありません。



カレー食中毒の予防・対策

カレーによる食中毒の原因は、ウエルシュ菌がほとんどです。

原因が分かっているので、次のことを守ればかなりの確率で食中毒を防げます。

  • 野菜など洗える食材はしっかりと洗ってウエルシュ菌を取り除く
  • 43~45度で爆発的に増殖するため、加熱後は急速に冷ます
  • 冷蔵庫で保存する
  • よく加熱して芽胞以外のウエルシュ菌を死滅させてから食べる

一番良いのは、調理後すぐに食べることですが、一晩寝かせた美味しいカレーを食べたいときは、上記のことを守りましょう。

すぐに冷まして、冷蔵庫で保存することが重要です。


関連記事

日本人の死因第1位である「がん」は、いつ誰が罹ってもおかしくない病気です。命を...


活性酸素は、体に必要な物ですが、増えすぎると老化につながります。活性酸素を減ら...


牛乳、豆乳に続く「第3のミルク」として、アーモンドミルクとライスミルクが注目を...


調査の結果、乳児の時から固ゆで卵を食べることにより、卵アレルギーを予防できるこ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です