健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 目元のしわ・たるみ原因と対策!アイクリームで改善するのか?

目元のしわ・たるみ原因と対策!アイクリームで改善するのか?


美容

目元のしわ・たるみが目立つ人を見たことはありませんか?

誰とは言いませんが、テレビでよく観かける芸能人の中にも結構います。

目元のしわ・たるみは老化現象なのですが、実年齢よりも老けて見えてしまうため、特に女性は何としてでも避けたい状態です。

しかし、目元のしわ・たるみは一度できると基本的に治すことはできないため、未然に防止するしかありません。

原因と対策を知り、目元にしわ・たるみができないようにしましょう。



目元のしわ・たるみは「ミュラー筋」の衰えが原因

若い頃は張りのある肌なのに、30歳、40歳、50歳と年を重ねるごとに増えていくのが、しわとたるみです。

その中でも特に老けて見られるようになるのが、目元のしわ・たるみであり、この原因がまぶたの部分にある「ミュラー筋」の衰えであることが分かっています。

このミュラー筋は、凄く薄い筋肉なのですが、一度伸びきると戻らない性質があり、まぶたが開きにくくなるのです。

それでもまぶたを開かなければならないので、目の上の筋肉が無理やり引き上げ、その分、目元が押し出されます。

目の周りの皮膚は、他の部分の皮膚よりも薄いため、押し出された目元の部分の皮膚が伸び、その結果、しわ・たるみができるという悪いサイクルが繰り返されてしまうのです。

ちなみに、ミュラー筋に悪い行為は、次のとおりです。

  • 睡眠不足
  • パソコン・スマホの長時間利用
  • 目元のクレンジング・化粧落とし
  • 目元の過剰なマッサージ
  • コンタクトレンズやメガネ利用者


目元のしわ・たるみ対策

老けて見られないようにするため、目元のしわ・たるみをどうにかしなければなりません。

原因が、まぶたの部分にある極薄のミュラー筋が伸びきってしまったことなので、この筋肉を鍛えて戻そうと考えるでしょうが、残念なことに、ミュラー筋は一度伸びきってしまったら整形手術以外で治らないのです。

したがって、ミュラー筋が伸びないように生活する必要があります。

つまり、上記に列挙した行為を避ければ言い訳です。

  • 十分な睡眠時間を確保する
  • パソコン・スマホの利用は適度にする
  • パソコンのモニターを上から見下ろす状態に、机やイスを調節する
  • 目元をなるべく触らないようにする
  • 目を酷使した時は、30秒ほど目をつぶって休ませる

ミュラー筋は、目をつぶったり、下を見ている時に休ませることができます。

ちなみに、アイクリームやマッサージを継続することで、余計に目元のしわ・たるみの原因となる可能性があるので、気を付けてください。

これは、コンタクトレンズ利用者も同じで、とにかく目の周りを必要以上に触らないことが必要です。


関連記事

コンタクトレンズやアイプチ、目を擦ることなどによって、上まぶたが垂れ下がる病気...


人が認めたくない老化現象のひとつに老眼があります。見えづらい状況で我慢している...


メガネやコンタクトレンズの度数が合っていないと、めまいや吐き気、頭痛、肩こり、...


以前は普通に行われていたプール後の目洗いですが、角膜が傷ついたり、ドライアイに...


ドライアイになると、目が乾いて辛いため目薬をさしますが、目薬のさし過ぎはかえっ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です