健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » プール熱(咽頭結膜熱)の症状と潜伏期間、感染経路、対策は?

プール熱(咽頭結膜熱)の症状と潜伏期間、感染経路、対策は?


水泳

プール熱(咽頭結膜熱)とは、アデノウイルスに感染し、発症することで、主に結膜炎、咽頭痛、発熱の症状を伴う病気です。

その名前が示す通り、プールで感染することが多く、夏場に流行ります。

感染力が非常に強いので、気を付けなければなりません。



プール熱の症状と潜伏期間

プール熱の正式名は、「咽頭結膜熱」と言います。

この正式名は、プール熱による症状をまとめて付けたような名前になっており、潜伏期間5~7日を経た後、のどの痛み・結膜炎・40度近い発熱の症状が出ます。

場合によっては、腹痛や下痢になることもあります。

これらの症状は、発症から3~5日程度続き、完治後も、のどからは1~2週間くらい、便からは1ヶ月程度、ウイルスが検出され続けます。

重症化すると肺炎を合併することがあるため、注意しなければなりません。



プール熱の感染経路

プール熱(アデノウイルス)の感染経路は、次のとおりです。

  • 飛沫感染(咳やくしゃみによってウイルスを含んだ飛沫が口や鼻の粘膜から侵入して感染する)
  • 接触感染(指や医療器具などを介してウイルスに感染する)
  • 空気感染(飛沫の水分が蒸発し、軽くなったウイルスが空気中を漂い、それを吸い込むことで感染する)
  • 経口感染(ウイルスを含む便の後始末の際に指先などに付き、その手から口などに入って感染する)

プール熱という名前からも分かるように、プールで感染することが多い病気で、学校でプールの授業がある子供の方が大人よりも罹る可能性が高いです。

特に多い感染経路は、飛沫感染と接触感染で、塩素濃度の低いプールで泳ぐだけで感染することもあります。

もちろん、アデノウイルスが付着した物に触れても感染する可能性があります。

大人の場合は、子供の看病で感染することが多いので、看病した後は消毒や清潔にすることが必要です。



プール熱の予防対策と治療

プール熱は1年を通じて感染する可能性がある病気ですが、流行るのは夏場のプールシーズンなので、暑い時期は特に注意が必要です。

予防対策としては、次のことが挙げられます。

  • 塩素濃度の低いプールで泳がない
  • プール上がりなどにタオルを貸し借りしない
  • マスクを着用する
  • 手洗い・消毒を徹底する
  • うがいをする
  • 便や嘔吐物に直接触れない
  • 感染者が最後に入浴する

アデノウイルスは、非常に感染力が高いので、とにかく触れないようにすること、体内に入らないようにすることが重要です。

なお、プール熱の特効薬はなく、病院では現れた症状を和らげる治療が行われます。

病院は、内科・小児科に行ってください。

プール熱に罹ったら学校や会社は休むべきか?

プール熱は強力な伝染病ですが、風邪に近い症状なので、学校や会社に行っていいのか、休むべきか迷うところです。

子供については、病院でプール熱と診断された時点で、医師から通学をストップされます。

その後は、医師の指示に従ってください。

大人の場合は、子供のように強制されませんが、それでも誰かに感染させる可能性が高いだけに、会社を休んで治るまで自宅待機が望ましいでしょう。


関連記事

手足口病は、主に乳児や幼児が罹る病気で、感染すると、手足口などに水疱ができます...


ジュースを飲み過ぎると、含まれている大量の糖質により、糖尿病の一種である『ペッ...


偏西風に乗って中国からやってくる黄砂はアレルギーを引き起こし、PM2.5は肺が...


熱中症は、屋内外を問わず、気温と湿度が高い所に長時間いることで発症します。重度...


暑い時にかく汗は、気化熱で体温を下げる効果があります。そのため、拭き過ぎると体...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です