健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 熱中症を防ぐ汗の拭き方!汗をかかない人は注意

熱中症を防ぐ汗の拭き方!汗をかかない人は注意


汗

汗はべとついて気持ち悪く、早く拭き取らないと風邪をひくと子供の頃から教えられていることもあり、多くの人が体に悪い物と信じ、すぐにタオルなどで拭き取ります。

しかし、汗を拭き取り過ぎると、逆に熱中症になってしまうので注意が必要です。

正しい、汗の拭き方を覚えましょう。



汗の拭き過ぎが熱中症になる理由

親が汗をかいている子供によく言う言葉が、「汗をしっかり拭かないと風邪を引くよ」です。

そして、タオルで汗を完全に拭き取り、場合によっては着替えさせる徹底ぶりで、汗を強制的に取り除きます。

さらに、その子供が成長して親になり、今度は自分の子供の汗を完全に拭き取る流れが続いていますが、これは完全に間違いです。

それは、汗が分泌される理由を考えれば一目瞭然で、暑い時にかく汗は、蒸発する際に気化熱として体温を放出する目的で分泌されており、その汗を拭き取り過ぎることにより、体温を下げられなくなってしまいます。

結果、体温が体にこもり、その体温を下げようと新たに汗が出るため、水分やミネラルが体内から過剰に失われ、熱中症になってしまうのです。

汗は拭き過ぎてはいけないことをしっかり覚えておきましょう。



正しい汗の拭き方

乾いたタオルで豪快に汗を拭くと、すぐにカラカラの状態になってしまうのでいけません。

安全な汗対策は、次のとおりです。

  • 汗を塗り広げて蒸発しやすいようにする
  • 濡らしたタオルで拭く
  • ウエットティッシュで拭く
  • 臭いが気になる場合はウエットタイプの除菌シートで拭く

子供は体が小さい分、体温もこもりやすいので、親がしっかりとした知識を身に付け、熱中症にならないように注意してあげてください。



汗をかかない人の熱中症対策

中には、汗をかかない人がいます。

女性からすると羨ましいと思うかもしれませんが、実はかなり熱中症のリスクの高い危険な状態です。

汗をかかない原因はさまざまですが、特に多いのが次の4つとなっています。

  1. 運動不足で筋肉量が減り、新陳代謝が下がったから
  2. 冷房の使い過ぎ
  3. 冷たい食べ物・飲み物をよく口にする
  4. 子供の頃に夏の暑さを経験しなかったため、汗腺が発達しなかった

4以外は、本人の意思と我慢で解決するため、思い当たる場合は、少しずつ、無理をしない程度に体質改善を目指しましょう。

それまでは、水で濡らしたタオルで定期的に拭いて、気化熱で体温を放出してください。

4については、子供が将来苦しまないように、ある程度、夏の暑さを経験させてあげましょう。

【おすすめ記事】 熱中症になったらその後の応急処置・治療法は?

【おすすめ記事】 梅雨でも熱中症になる!曇りの日・雨の日も要注意


関連記事

冷え性は、ただ寒くて辛いだけではなく、さまざまな病気のサインであることもありま...


ジュースを飲み過ぎると、含まれている大量の糖質により、糖尿病の一種である『ペッ...


高血圧であることは、測らないと自覚しづらいですが、命に関わる病気を引き起こすと...


暑い日に罹る病気だと思われている熱中症ですが、実は、梅雨の時期にも患者が急増し...


手足口病は、主に乳児や幼児が罹る病気で、感染すると、手足口などに水疱ができます...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です