健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 梅雨でも熱中症になる!曇りの日・雨の日も要注意

梅雨でも熱中症になる!曇りの日・雨の日も要注意


熱中症

熱中症という病気からイメージするのは、「炎天下で罹る病気」や「暑い部屋の中に長時間いることで罹る病気」でしょう。

しかし、熱中症は、梅雨の時期にも患者が急増する病気なのです。

曇りの日・雨の日でも油断はできません。



梅雨の熱中症、なぜ?

熱中症は、暑いことで発症する病気であり、確かに7月、8月、そして、残暑の9月に患者数がピークを迎えます。

しかし、意外なことに、梅雨の時期である5月、6月から患者数が急増するのです。

なぜか?

曇りの日・雨の日が続く梅雨に熱中症になる原因は、次のとおりです。

  1. 蒸し暑さに体が慣れていないから
  2. 湿気が高いので、汗が蒸発して熱を奪う気化熱の量が少なくなり、結果、体内に熱がこもるから

要するに、一定以上の気温・室温と高い湿度が組み合わされば、本人が暑さを感じていなくても、熱中症になる可能性があるのです。

梅雨の熱中症は、知らず知らずのうちに発症するので、あらかじめ注意しておく必要があります。



梅雨の熱中症に要注意な人

梅雨の熱中症は、自覚症状がない状態でいきなり発症するので、すべての人が注意しなければなりません。

その中でも、特に高齢者は体質的に暑さを感じにくくなるので、要注意です。

また、子供は熱中症のことを理解しておらず、具合が悪くなってもすぐには伝えないことがあるので、母親・父親等が気に掛けてあげましょう。

梅雨の熱中症、予防と対策

梅雨の熱中症の予防・対策は、基本的に通常の熱中症の予防・対策と同じです。

特に、次の予防・対策が有効です。

  1. 水分と塩分を補給する
  2. 冷房や扇風機で室温・湿度を調節する

「かくれ脱水」にならないように、そして、汗と一緒に排出された塩分の補給として、1は必須です。

さらに、冷房で室温と湿度を下げれば、熱中症になるリスクをかなり軽減できます。

暑さを感じなくても、湿度が高ければ、常に熱中症に気を付け、体温を下げる努力をしましょう。

熱中症対策グッズ

熱中症予防に最適なグッズを紹介します。

暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル

水につけて、絞って、パッと開くだけで、ひんやりとした冷たさを感じられる冷感タオルです。

濡らせば、何度も使用できます。

お子様からお年寄りまで使用可能で、100万枚売れた大人気タオルです。

顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。

暑い日差しの中で行動する方におすすめなのが、日焼け防止用キャップ『フリルネックU.T.E』です。

露出部分を極力少なくし、紫外線から肌を守ります。

真夏の睡眠を快適にサポートする【水循環マット】で毎日ぐっすり!

マット内を水が循環するので、いつまでも冷たさをキープでき、熱中症予防と快適な睡眠を得られます。

エアコンの電気代節約にも貢献します。

【おすすめ記事】 熱中症になったらその後の応急処置・治療法は?

【おすすめ記事】 熱中症を防ぐ汗の拭き方!汗をかかない人は注意


関連記事

疲れた時や頭を使った時に欲しくなる糖分ですが、摂りすぎると砂糖中毒になり、負の...


運動した時はもちろんのこと、日頃の水分補給にも最適とされ、多くの人々に愛飲され...


切手を舐めて貼っている人は多いですが、「どんな成分で、本当に安全か?」、確認し...


現在、便秘の小学生が増えています。学校でトイレに行けないことや生活習慣の乱れな...


冷え性は、ただ寒くて辛いだけではなく、さまざまな病気のサインであることもありま...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です