健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 熱中症になったらその後の応急処置・治療法は?

熱中症になったらその後の応急処置・治療法は?


熱中症

熱中症とは、高温多湿の環境に長時間いることで、体温を調節する機能が狂って熱がこもったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることにより発症する病気です。

強い日光に長時間当たることで発症する日射病に対し、熱中症は部屋の中でも発症する特徴があります。

重度の場合は亡くなることもある病気で、実際、夏場になると、毎年のように熱中症患者のニュースが取り上げられている状態です。

自分が熱中症患者にならないように、予防や対策を施し、もしなった場合も、その後すぐに適切な応急処置を施すことで、最悪な事態を避けましょう。

また、熱中症に関する正しい知識を持っておけば、もしもの時に他の人を助けることもできます。



熱中症の症状

熱中症は、その程度により、『I度、II度、III度』の3つに分けられています。

ちなみに、以前は、『熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病』の4つに分けられていました。

I度の症状
めまい、立ちくらみ、失神、顔のほてり、筋肉痛、筋肉の痙攣(けいれん)、こむら返り
II度の症状
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
III度の症状
言語障害、痙攣、手足の運動障害、肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害、体温上昇

昔の分類を今の分類に当てはめると、熱失神・熱けいれんはI度、熱疲労はII度、熱射病はIII度になります。



熱中症になりやすい人・環境

熱中症になりやすい人は、次のとおりです。

  • 乳幼児
  • 外で遊ぶ子供
  • スポーツをする学生
  • 炎天下に外で働く大人
  • 高齢者

屋内外を問わず、高温多湿な環境に長時間いる人は、注意しなければなりません。

厚生労働省で発表されている『熱中症で亡くなった人の年次推移』を見ると、圧倒的に高齢者が多いです。

高齢者が熱中症に罹りやすい原因として、「気温を感じにくくなること」、「喉の渇きを感じにくくなって水分補給をしなくなること」、「冷房を嫌がり使わないこと」などが考えられます。

60歳以上になったら、暑くなくても気温や室温を意識し、暑い場合は、熱中症にならないように体を冷やし、水分補給をしましょう。



熱中症の予防・対策

熱中症は命にもかかわるので、予防・対策が必要です。

常日頃から熱中症にならないような生活習慣を心掛けましょう。

熱中症予防としては、次のことが有効です。

  • 水分と塩分を補給する
  • 冷房や扇風機で室温を適温にする
  • 室温・湿度を常にチェックする
  • 外にいる場合は、日陰で涼む
  • 日傘や帽子を利用し、直射日光を避ける
  • 涼しい服を着る
  • 健康的な食事・運動をし、十分な睡眠をとる


熱中症になった場合の応急処置・治療法

予防・対策をしても熱中症になってしまったら、その後すぐに、応急処置が必要です。

次の手順で、応急処置を施しましょう。

  1. クーラーの効いた涼しい部屋に移動する。できなければ、風通しの良い日陰に移動する
  2. 服を脱がして薄着にし、体温を放出しやすいようにする
  3. 氷嚢を使ったり、体に水をかけて団扇であおぐことによって、体温を下げる
  4. 水分と塩分を補給する。水だけ飲ませると危険なので、スポーツドリンクがおすすめです

症状が重い場合は、救急車を呼びましょう。

なお、病院では、体温を下げる治療が施されます。

病院に搬送されないよう、熱中症の予防・対策を徹底してください。


関連記事

冷え性は、ただ寒くて辛いだけではなく、さまざまな病気のサインであることもありま...


プール熱(咽頭結膜熱)は、アデノウイルスに感染することで発症する病気です。主に...


高血圧であることは、測らないと自覚しづらいですが、命に関わる病気を引き起こすと...


運動した時はもちろんのこと、日頃の水分補給にも最適とされ、多くの人々に愛飲され...


暑い日に罹る病気だと思われている熱中症ですが、実は、梅雨の時期にも患者が急増し...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です