健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 子供の便秘急増!腹痛で苦しまないための解消方法

子供の便秘急増!腹痛で苦しまないための解消方法


小学生

テレビを観ていると、便秘薬のCMが流れることがありますが、起用されているのは女性です。

見た目のイメージということもありますが、便秘と言えば女性がなるものということから、女性を起用しているのでしょう。

それほど、便秘と女性のつながりは強いです。

しかし、現在、便秘で苦しむ子供、特に小学生が急増しています。

原因は何なのでしょうか?



便秘の小学生の割合は6人に1人

NPO法人日本トイレ研究所が、全国の小学生4,777人を対象に、2017年3月28日から31日まで、インターネットアンケートを実施しました。

正確性を重視するため、子供を同席させたうえで、親が代理でアンケートに回答しています。

診断には、慢性機能性便秘症の国際基準である「ROME III」が使用されました。

ROME III(慢性機能性便秘症の国際基準)

  1. 排便が3日に1回以下である
  2. 便を漏らしたことがある
  3. 便を我慢することがある
  4. 排便時に痛む
  5. 便が硬い
  6. 便の量が多い

上記アンケートで、2つ以上当てはまると「便秘状態」、1つだと「便秘予備軍」となります。

大人も条件は同じなので、回答してみてください。

そして、調査は次のとおりでした。

便秘の小学生の割合 16.6%(6人に1人)
便秘の小学生のうち、親に相談した割合 約半数
子供が便秘状態であることを知らない親の割合 26.6%
便秘予備軍の小学生の割合 20.7%

ちなみに、便秘状態の小学生が多い都道府県トップ3は、以下のとおりです。

  1. 和歌山県 24.0%
  2. 静岡県 23.1%
  3. 群馬県 22.1%
  4. 長野県 22.1%


小学生が便秘になる原因

NPO法人日本トイレ研究所は、小学生が便秘になる理由を探るため、生活習慣等についても調査しました。

その結果、便秘状態の小学生には、次のような特徴があったのです。

  • 学校のトイレで大便をしない割合51.3%
  • 遅寝・遅起きである
  • 毎日朝食を食べている割合が低い
  • 運動不足

学校のトイレを使いにくいのは、今も昔も変わりません。

小学校によっては、男子トイレも全部個室に改造していますが、そんなことができるのは一部だけであり、ほとんどの小学校は、大便をしにくい環境が続いています。

大人になれば普通のことでも、小学生だと過剰反応し、大便をしていることを友人に知られたくないと思い利用できないのですが、こればかりは簡単に解決できないでしょう。

そして、もうひとつの原因が、睡眠時間、食生活、運動不足といった生活習慣の乱れとなっております。



小学生の便秘解消法

まず、自分が便秘症であることを認識していない小学生が多く、また、親も子供の便秘を把握していないことが多いので、子供と親共に、考え方を改めましょう。

便秘であることを認めることから、便秘解消が始まります。

小学生の便秘は、学校で大便できないことと生活習慣の乱れが原因です。

したがって、次のことを守れば便秘は解消します。

  • 学校で排便する
  • 早寝・早起きで十分な睡眠時間を確保する
  • 毎日朝食を食べる
  • 適度な運動をする

学校で大便するのがベストですが、なかなか難しいですよね。

でも、規則正しい生活を送れば、学校で排便しなくても良い生活リズムにできるので安心してください。

毎日朝食を食べると、腸が動いて便意が起こりやすくなり、学校に行く前に排便でき、学校で便意を我慢する必要がなくなります。

朝食のメニューは、食物繊維を摂るために野菜など、乳酸菌を摂るためにヨーグルトなどを食べるのがおすすめです。

そして、学校ではよく遊び、運動しましょう。

便秘症で困っている小学生は、ぜひ試してみてください。

なお、緊急時には浣腸や便秘薬などの利用も必要ですが、根本的な解決にはならないので、結局は、正しい生活を送る必要があります。


関連記事

アニサキスは、魚介類に寄生する寄生虫で、その魚介類を生で食べた際に人間にも感染...


熱中症は、屋内外を問わず、気温と湿度が高い所に長時間いることで発症します。重度...


手足口病は、主に乳児や幼児が罹る病気で、感染すると、手足口などに水疱ができます...


正しい寝方をしないと、病気になって寿命を縮めることになります。適切な睡眠時間や...


偏西風に乗って中国からやってくる黄砂はアレルギーを引き起こし、PM2.5は肺が...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です