健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 焼肉ダイエット!Lカルニチン効果で痩せる

焼肉ダイエット!Lカルニチン効果で痩せる


焼肉

焼肉は、油ギトギトでハイカロリーであり、食べると太るというのが一般的なイメージではないでしょうか?

実際、ちょっと前まではそれが常識でしたが、今は違います。

肉にはLカルニチンという物質が含まれており、それによってダイエットに最適な食材というのが今の常識です。

焼肉ダイエットの方法とメリット・デメリット、Lカルニチンが含まれている食品などについて紹介します。



Lカルニチンとは?

体内で脂肪はミトコンドリア内部に運ばれ燃焼し、エネルギーを生産します。

Lカルニチンとはアミノ酸の一種であり、この運搬作業を助け、効率よく脂肪を燃焼させることでダイエット効果につながるのです。

さらに、Lカルニチンには、糖尿病、心臓、腎臓、男性の生殖能力改善などにも効果があるとされています。

一応、体内でも少量のLカルニチンは生成されますが微量なため、肉などの食材やサプリメントで摂取することが一般的です。

なお、Lカルニチンの他に、Dカルニチンもありますが、Dカルニチンは体内で全く役に立たず、それどころかLカルニチンの働きを邪魔してしまうため、市販のサプリメントはLカルニチンしか販売されていません。

Lカルニチンが多く含まれている食品

Lカルニチンが多く含まれている食品やよく食べる食材の含有量についてご紹介します。

食材 mg/kg
ヤギ 2,210
仔羊(ラム) 1,900
牛肉(ビーフ) 1,180
豚肉(ポーク) 274
鶏肉(チキン) 80
ヨーグルト 41
牛乳(ミルク) 40
マグロ(ツナ) 34
鮭(サーモン) 31

ヤギや子羊はLカルニチンの含有量が高いですが、癖が強い肉なので人によっては食べられないでしょう。

北海道からジンギスカンが広まったので、ラム肉はスーパーでも入手できますが、ヤギ肉は沖縄県でないと入手は難しいです。

そうなると、Lカルニチンの含有量も高く、入手も簡単ということで、牛肉がおすすめとなります。

焼肉ダイエットの方法

焼肉ダイエットは、炭水化物を止めて、代わりにたんぱく質を摂取するダイエット方法です。

2014年1月19日放送の日本テレビ系列「スクール革命」で、COWCOWの山田善しさんが実際に焼肉ダイエットに挑戦し、1週間で5kgのダイエットに成功しており、米を主食とする日本人には適したダイエット方法と言えるでしょう。

なお、この番組では、次の「食べても良い食材」、「NG食材」が紹介されていたので、焼肉ダイエットをする際に参考にしてください。

食べても良い食材

種類 食材
肉類 牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉など
魚介類 イワシ・サンマ・サバ・マグロなど
野菜 葉野菜・ブロッコリー・パプリカ・パセリなど糖質が少ない野菜
大豆・大豆食品 豆腐・納豆・無調整豆乳・高野豆腐など
調味料 オリーブオイル・ゴマ油・コショウ・塩・酢・マヨネーズなど糖質が少ない調味料
飲み物 水・お茶・ブラックコーヒー・焼酎・ウイスキーなど

NG食材

種類 食材
穀物 ご飯・パン・麺類・シリアルなど
乳製品 牛乳・ヨーグルト・チーズ・バターなど
イモ類 じゃがいも・さつまいも・山芋・里芋など
果物 果物・缶詰など
調味料 ドレッシング・ケチャップ・オイスターソース・みりんなど糖質が多い調味料
飲み物 清涼飲料水・果汁ジュース・日本酒・ビールなど

焼肉ダイエットが食べていいダイエットだからと言って、お肉などを食べたいだけ食べていいわけではありません。

一日の目安としては、体重 X 7gなので、50kgの体重なら350g、60kgの体重なら420g、100kgなら700gのお肉を食べてください。

そして、牛肉ならヒレ肉やモモ肉、鶏肉ならむね肉やささ身というように、脂身が少ない部位のお肉を食べましょう。

霜降り肉を食べていては、Lカルニチンと同時に脂肪も過剰摂取するので、ダイエットになりません。



焼肉ダイエットのメリット

焼肉ダイエットは糖質制限ダイエットと一緒であり、全く食べない絶食ダイエットとは違うので、挫折・失敗する可能性が低くなります。

満腹感は得られませんが、苦しむほどの空腹感は感じないはずです。

今までいろいろなダイエットに挑戦したけど上手くいかなかったという方は、試してみる価値があるでしょう。

焼肉ダイエットのデメリット

焼肉ダイエットはいいことばかりではなく、次のデメリットがあることを理解しておいてください。

体臭が臭くなる
脂肪を燃焼するときにケトン体という物質が生成されますが、この中のアセトンが甘酸っぱい悪臭を放ちます。「ダイエット臭」と呼ばれるもので、焼肉ダイエットでも付きものです。また、体温が上昇して汗をかくことも体臭がきつくなる原因となります。
炭水化物や糖分を含む物が食べられない
日本人はお米を主食にしているので、ほとんどの方がご飯を食べたいはずです。しかし、ご飯のみならず、ラーメンやうどんなどの麺類や甘い物もNG食材なので、かなりストレスが溜まるでしょう。もちろん、全くダメというわけではないですが、基本的には口にできません。そもそも、少し食べただけでは満足できないはずです。
食費がかかる
お米と牛肉は比べるまでもなく牛肉の方が高額です。他の肉でもそれは変わらず、主食が肉になるので食費が高額となってしまいます。
赤身肉を食べ過ぎるとガンになる
WHO(世界保健機関)のIARC(国際がん研究機関)という機関が、ハム・ソーセージなどの加工肉、赤身肉をたくさん食べると大腸がんになると発表しました。日本人の平均的な摂取量であれば問題ありませんが、焼肉ダイエットで赤身肉ばかりを食べ続けると大腸がんになるリスクが高まります。
肌や髪の毛に悪い
肌や髪の毛の潤いにはヒアルロン酸が不可欠ですが、体内でこのヒアルロン酸を生成するには糖分が必要です。しかし、焼肉ダイエットしていると糖分も制限するので、結果、肌や髪の毛に潤いがなくなります。

関連記事

2017年1月11日放送のTBS系列「ダイエット総選挙2017」で、8時間ダイ...


血液型によって体質は異なり、痩せやすい食材が決まっています。トリセツダイエット...


肥満症は、肥満によって病気になった状態、もしくは、病気になりうる状態を言います...


「スーツのはるやま」が、カロリー消費をアップさせる「スラテクノスーツ」を発売し...


朝食のメニューは、昼食・夕食の糖質吸収にも影響を及ぼすため、食材にこだわる必要...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です