健康箱では、ダイエット・美容・病気・ケガに関する役立つ情報を紹介しています。健康に生きるために、ぜひご利用ください。
健康箱
» » 汗が臭い原因と対処法!酸っぱい臭い、アンモニア臭対策

汗が臭い原因と対処法!酸っぱい臭い、アンモニア臭対策


汗臭い

汗をかいた時、「水のようにサラサラして臭わない汗」と「ベトベトして悪臭を放つ汗」があることは、今までの人生でお気付きでしょう。

臭わない汗の成分は、エクリン腺から出るほぼ水分であり、臭い汗の成分は、アポクリン腺から出るタンパク質やアンモニア、脂質などの不純物を含む水分のために、このような違いが生まれます。

誰でも臭わない汗の方が良いに決まっていますが、そうはいかないのが現実です。

そして、臭い汗を感じた時、他人は自分以上にその臭さを感じています。

悪い汗は、酸っぱい臭い、アンモニア臭を放って周りに迷惑を掛けるだけではなく、自分も精神的に傷つくことになるので、そうならないように、その原因を知り、対処しましょう。



汗が臭くなる原因と対処法

汗が臭くなる原因と対処法について、いくつか紹介するので、思い当たる場合は直ちに改善してください。

不衛生
皮膚の表面には、皮脂や垢が付いています。細菌が、それらを分解すると臭くなるので、日々、お風呂でしっかりと皮膚を洗いましょう。
アポクリン腺から出る臭い汗
アポクリン腺から出る汗には、タンパク質やアンモニア、脂質が含まれているので臭いです。これらの汗は、ベトベトしているという特徴もあります。そのため、運動後に臭さやべたつきを感じた時は、腕などは洗い、その他の部分は濡れたタオルで拭くと良いでしょう。乾いたタオルで拭くと、気化熱で体温を下げられず、こもった熱で熱中症になる危険があるので、濡れたタオルを使用してください。
運動不足・冷房の使い過ぎ
運動していない人や冷房の効いた部屋にずっといる人は、汗をかいて体温を下げる必要がなくなるため、汗腺の機能が低下します。そういった人は、汗が特定部位に集中し、さらに、今までに溜め込んでいた不純物が汗と共に流れ出るため、臭くなります。したがって、常日頃から適度な運動をし、汗をかくようにしましょう。
糖質制限ダイエット
糖質制限ダイエットをすると、ブドウ糖の代わりに脂肪を燃焼し、肝臓でケトン体という物質が作られます。このケトン体は、ブドウ糖の代わりに、脳のエネルギーとして使われる物質です。しかし、酸っぱい臭いを放つという問題があり、一般的には「ダイエット臭」とも呼ばれています。糖質を制限すると必ず生成される物質なので、このダイエット法を実践するならば、対処法はありません。
脂っこい食べ物・ニオイのきつい食べ物
肉や揚げ物を食べると、汗にアンモニアが含まれるようになるため、臭くなります。また、ネギ、ニンニク、ニラなどのニオイのきつい食べ物も、臭くなります。これらの物をたくさん食べた場合は、汗が臭くなる覚悟が必要です。
便秘
便秘になると、本来、オナラとして排出されるガスが汗として排出されるため、全身からアンモニア臭や大便のニオイがするようになります。便秘を解消すれば改善します。
疲労・ストレス
疲労やストレスが溜まると、血行が悪くなったり、内臓機能が低下して、「疲労臭」と呼ばれるアンモニア臭を放つようになります。休養して疲れを解消し、ストレスを発散しましょう。
衣類の汗染み
衣類の脇や襟などは、汗染みができやすく、普通に洗っても簡単には取れません。臭いが残っているということは、そこに細菌が残っていることを意味し、服を着るとすぐに細菌が増殖して、さらに臭さを放つという問題があります。漂白剤や重曹などにつけ置きしてから洗ってください。

多汗・ニオイ専用サプリメント『アセッパー』

汗が臭ければ、上記の対処法で改善を目指す必要がありますが、そう簡単には改善しないことも多々あります。

その場合におすすめなのが、汗用のサプリメントです。

『アセッパー』は、多汗症や汗が臭くてお悩みの人におすすめのサプリメントで、1日1回飲むだけで体の内側から体質改善を促します。

制汗スプレーやデオドラントクリームだと、1日に何度も塗らないといけませんが、『アセッパー』ならこの悩みがありません。

しかも、野菜や果物などから抽出した天然物質を中心に作られているので、安心してご使用いただけます。

リピート率が高いサプリメントなので、まずは、サイトに紹介されている口コミをお読みください。

参考になるでしょう。


関連記事

30代・40代が気を付けなければならないのが、加齢臭を上回る悪臭を放つ『ミドル...


ワキガは、脇汗が原因で悪臭を放つ病気です。我慢していても治らないので、早めに対...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です